『後悔したくない方』はこちら

カルロス・ゴーン『客観的な事実の把握なくして、適切な対策は生まれません。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『適切な対策』とは、『自己満足』ではない。だとしたらそこに必要な視点は、主観ではなく、客観的なものである。自分は良いと思っていても、客がどう思うか、多くの人間がそれを見てどう思うか、ということを意識出来なければ、特に大企業という、大きな市場を相手にする組織が、『適切な対策』をすることは出来ない。

 

 

カルロス・ゴーンは、

 

とも言ったが、『曖昧』にして『適切』な対応など出来ない。曖昧で不透明な部分をハッキリとさせ、そこに適切な穴埋め対策をすることで、初めて問題が適切に解決されたと言うことが出来る。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』 『後始末では遅い。前始末をせよ。』

同じ人物の名言一覧

カルロス・ゴーンの名言・格言一覧