『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

亀井勝一郎『死そのものよりも、死についての想像の方が、はるかに我々を恐怖せしむる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

古代ローマの哲学者、プリニウスは言った。

 

『死』という事実そのものはあるが、それは断固としてそこにあるだけで、それをどう評価するかということは、人間の想像力次第だ。普通に、太陽があって、リンゴがあって、テレビがあって、という風に想像していくとき、(あったかいなあ)、(おいしそうだなあ)、(面白い番組やってるかなあ)という風に人はそれについて感想を抱いていくわけだが、『死』というものは、その実態が未だに不明であり、得体がしれないわけで、正直、どう感想を抱いていいかわからない。

 

(楽しそうだなあ)とはならない。何しろ、『痛み』を知っているからだ。痛みの頂点である『死』というものは、とても怖い印象があるのだ。それに、無残な事故を見ている。残忍な事件を知っている。我々が『死』について抱いている印象は、どんどん悪い方に膨らむばかりなのである。

 

 

子供がいる人間なら、その子供を置き去りにすることにもなる。自分が死んだら、その子を一体誰が育てるというのか。そう思うと、とても悲しいし、怖いし、嫌なのだ。そういう風に、ありとあらゆる条件や要素が組み重なって、死の恐怖への創造をかき立たせるのである。

 

しかし、ソクラテスがこう言うのだ。

ソクラテス

 

そうか。もしかしたら、死ぬことは善いことなのかもしれない。もちろん悪いことかもしれないが、善いことかもしれないのだ。どうせ無限の想像力を働かせるなら、楽観的に考えて、最後の一呼吸を終えるその瞬間まで、自分の命を使い切ることを念頭に置きたい。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

同じ人物の名言一覧