『後悔したくない方』はこちら

貝原益軒『自ら楽しみ、人を楽しませてこそ、人として生まれた甲斐がある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

自ら楽しみ、それだけではなく、人をも楽しませる。

 

孔子は言った。

孔子

 

『寿ぐ(ことほぐ)』というのは、言葉に出して祝福するということだ。つまり、知者であれば、自分が楽しむ術を知っているが、仁者ともなると、それだけではなく、人をも楽しませることが出来るわけだ。つまり貝原益軒の指し示す人間像とは、最低でも『知者』。決して『楽』に甘んじる人間をよしとしない識者の意見なのである。

 

楽をする人間 < 自ら楽しむ人間 < 人を楽しませる人間

 

ということである。宗教家、御木徳近はこう言った。

 

たった一度の人生を、何とする。『楽』をして人生を『放棄』することなど、あってはならない命の浪費である。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

貝原益軒の名言・格言一覧