『ヒト』を最適化しよう。

相田みつを『いいですか いくらのろくてもかまいませんよ たいせつなことは いつでも前をむいて 自分の道を歩くことですよ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

相田みつをの言葉は、この手の言葉が多い。大勢の人が、彼の言葉に励まされ、慰められることだろう。まったく、余計なお世話である。いや、こう言うのには理由がある。私は、『のろい成長をする人間が、無責任にしか見えない』のである。それはもしかしたら、早くに父親を亡くしていることも影響しているかもしれない。この人生が有限であるということを、人よりも強く認識しているからなのかもしれない。

 

そして、プルタルコスはこう言い、

 

ルソーはこう言い、

 

オスカー・ワイルドがこう言った様に、

 

『生きるということはどういうことか』ということについて、人一倍熟慮したからなのかもしれない。両親が宗教を強要してきて、宗教自体を嫌いになり、『慰め』を追求する人間の実態が、醜いものに見えてしまうようになったからなのかもしれない。

 

また、相田みつをの、

『少しずつやっていけばいいんだよ 具体的にね』

 

という言葉を気に入った友人が、『悪友』でしかなかったということ、彼が取るに足らぬ人物に成り下がり、あるいは自身の自堕落な人生を正当化する為に、それを援用していたことを見たことが、影響しているかもしれない。従って、私の様な人間には『のろくても構わない』というのは、無責任かつ浅薄なように思える。

 

ジャン・パウルはこう言ったが、

 

『のろく生きる』というのは、『現状の自分を大切にし、現状の自分が無理だと思わないペースで生きる』ということになるわけだが、それは、ジャン・パウルがここで言う、『パラパラ』なのか『念入り』なのか、どちらに該当するのだろうか。『いつでも前をむいて自分の道を歩く』ということが大切だということには、納得がいく。だが、『現状の自分が無理だと思わないペースで生きる』ことを正当化したら、私の父親が亡くなる前に生きていたペースを、許さなければならなくなってくる。

 

だが、私は断じて許さない。親の命も、自分の命も、『本当に有限なのだ』ということを理解していれば、私はもっと、思慮深い人生を生きていたことだろう。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』

同じ人物の名言一覧

相田みつをの名言・格言一覧