名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

瀬戸内寂聴 名言/格言

瀬戸内寂聴

 

瀬戸内寂聴とは(画像

日本作家。生誕1922年。瀬戸内寂聴は日本の僧侶であり、小説家としても活動する人物です。生まれは1922年5月15日、徳島県出身です。尼僧としてのイメージが強い人物ですが、作家としてのキャリアの方が先で、三谷晴美や三谷佐知子のペンネームで数々の作品が雑誌に掲載されるなどしています。1956年には処女作痛い靴が文学者に発表され、その年に女子大生・曲愛玲では新潮同人雑誌賞を受賞するまでに至りました。受賞した当時はポルノ性の強い作風が批判されてしまいましたが、数年経て数々の雑誌で作品を連載するようになり、多くの恋愛小説を書き上げ、1963年には夏の終りという作品で女流文学賞を受賞しています。

 

尼僧になったのは1973年、岩手県平泉町にある中尊寺にて得度し、瀬戸内寂聴として知られるようになりました。また1987年には岩手県浄法寺町の天台寺住職となっています。その後は自身の壮絶な恋愛経験などから多くの人に対して的確な人生の助言などを行うイメージが強くなっていき、テレビ番組などのコメンテーターとしても活躍するようになり、幅広く知られるようになりました。

 

名言のひとつに、「いろんな経験をしてきたからこそ、あなたの今があるのです。すべてに感謝しましょう」というものがあります。壮絶な人生経験を重ねながら、それらを一切否定しないという姿勢を貫いていることは、恋愛や人間関係で失敗してしまった多くの方の救いになっています。100歳まで恋愛をする、という発言もあり、人としての自然な気持ちを率先して体現する姿勢が、さらなる尊敬を集めています。

 

 

スポンサーリンク

 

瀬戸内寂聴の言葉

 

 

『人とつきあうのに秘訣があるとすれば、それはまずこちらが相手を好きになってしまうことではないでしょうか。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

『鏡の法則』という本があるくらいだ目の前に広がっている光景や、思いついた思慮は全て、自分という人格が映し出した、鏡に映った光景なのである。

>>続きを見る

 

『人は、人を愛していると思い込み、実は自分自身だけしか愛していない場合が多い。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

私は宗教について散々悩まされて、人一倍葛藤した身だが、その言葉なら、腑に落ちる。それぐらいその図式は信憑性があるのだ。

>>続きを見る

 

『バックボーンというのでしょうか、確固たる信念と哲学がなければ、本当に書きたいものは書けない。』

 

カテゴリー:自己/精神

『持って生まれた才能だけでは、もはや文学の理想を究めることはできません。バックボーンというのでしょうか、確固たる信念と哲学がなければ、本当に書きたいものは書けない。何か、人間よりも大きな存在に助けてもらいたいという気持ちが非常に強くなったのです。』

>>続きを見る

 

『人間は生まれてきたら必ず死にます。死ぬために生まれてくると言ってもいいでしょう。幸福が永遠に続かないように、命も永遠ではないのです。』

 

カテゴリー:人生/生死

『パラダイム転換』とは、パラダイム=価値観=考え方であるからして、それを『変える』ということである。瀬戸内寂聴のこの言葉は、そんな『パラダイム転換』を穏やかに促して諭す、真理の言葉なのである。

>>続きを見る

 

『この世は苦であると最初から思っていれば、どんな苦しみにも耐えられます。苦だと決まっているのだから、じたばたしたって仕方がないのです。』

 

カテゴリー:人生/生死

『お釈迦様は「この世は苦である」とおっしゃいました。生きることは苦しいと。しかし、この世は苦であると最初から思っていれば、どんな苦しみにも耐えられます。苦だと決まっているのだから、じたばたしたって仕方がないのです。』

>>続きを見る

 

『この世は変化するものだと思っていれば、どんな事態に直面しても度胸が据わります。』

 

カテゴリー:人生/生死

孤独の問題も同じです。お釈迦様は人間は一人で生まれてきて、一人で死んでいくとおっしゃいました。最初から人間は孤独だと思っていれば、たとえひとちぼっちになったとしても、うろたえることはありません。』

>>続きを見る

 

『煩悩を完全になくせばブッダですが、世の中はブッダばかりになってしまったら、ちょっと困るでしょう。』

 

カテゴリー:自己/精神

小説を書くことは私にとって快楽なのです。この快楽を手放したくないという欲望が、私にはあります。煩悩は捨てなくてはなりませんが、私はいい小説を書きたいという煩悩だけは、いまも捨て去ることができません。

>>続きを見る

 

『人間はみんな死にます。川端康成さんも、三島由紀夫さんも、遠藤周作さんも、つい最近は北杜夫さんも、みんな死んでしまった。』

 

カテゴリー:人生/生死

私のように90まで生きてごらんなさい。親しい人間は全部死んだということが、よくわかります。だからもう、私は死ぬことも怖くないし、病気も気にしません。

>>続きを見る

 

『私は死ななかったのに、そのお医者さんが亡くなってしまいました。』

 

カテゴリー:人生/生死

60歳ぐらいのころ、ちょっと心臓の存在を感じるようになって、東京で3本指に入るという心臓のお医者さんに診てもらったことがあります。

>>続きを見る

 

『私たちはもっともっと楽観的に生きていい。私はそう思っています。』

 

カテゴリー:人生/生死

お釈迦様は「この世は苦だ」とおっしゃいました。お釈迦様は国が戦争するのも、自分の国が滅ぼされるのも見ました。人間の嫌なところを見て、自分が可愛がっていた弟子がどんどん死んで孤独を味わいました。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP