名言を自分のものにする

広告

 

> > > > 7ページ目

 

宗教/信仰 名言

 

 

『キリスト教徒はただひとりしかいなかった。そして、その人は十字架の上で死んだ。』

 

人物:ニーチェ

『キリスト教徒はただひとりしかいなかった。そして、その人は十字架の上で死んだ。この瞬間、以後<福音>と呼ばれているものは、すでに彼が生きてきたものの正反対、すなわち<禍音>であった。』

>>続きを見る

 

『財産の不平等は宗教なしには成立しない。』

 

人物:ナポレオン

財産の不平等があるのは、この世に宗教が存在しているからだ。と、ナポレオンは言うが、私にはあまりこの言葉がピンと来ない。しかし、ナポレオンはその言葉がピンと来たから、それを言ったのである。

>>続きを見る

 

『我々人間の特色は、神の決して犯さない過失を犯すということである。』

 

人物:芥川龍之介

ということは、人間だけが『神』からかけ離れた行為が出来る、唯一の動物だということになる。その他の昆虫や動物や微生物といったあらゆる生命は、神に背く行為を取らない。

>>続きを見る

 

『人間の悲惨を知らずに、神をのみ知ることは、傲慢を惹き起す。』

 

人物:パスカル

例えばこれを、『神、神と主張し続けて、人間の心をないがしろにする』という風に解釈してみる。

>>続きを見る

 

『ブッダは私の道で、イエスはあなたの道です。』

 

人物:ダライ・ラマ14世

『ソクラテス・イエス・ブッダ 三賢人の言葉、そして生涯』にはこう書いてある。私は現ダライ・ラマ14世、テンジン・ギャツォに十数回あったことがあるが、今までにいかなる人にも、彼ほどの慈悲の力を感じたことは無い。

>>続きを見る

 

『人間性の回復は、たとえそれがいかなる信仰であろうと、ありとあらゆる人間に内在する宗教的衝動のうちにある。この衝動を暴力によって抑圧することは平和の敵だ。』

 

人物:ダライ・ラマ14世

私のように、宗教とか信仰とは無縁の人間がいるとしても、次の言葉を考えたい。三島由紀夫は言った。

>>続きを見る

 

『正しき思慮』があれば、『神がなんであるか』ということについて、突き詰めることが出来る。

 

人物:アイスキュロス

『正しき思慮』があれば、『神がなんであるか』ということについて、突き詰めることが出来る。

>>続きを見る

 

『人間は神ではあり得ないが、最も人間らしい行動をした時神の姿に似る。』

 

人物:アルフレッド・テニソン

『似る』もなにも、神などいないのだから、こんな言葉は無意味だ。

>>続きを見る

 

『われは星の輝く光の中に神を見出し、野に咲く花の中にも神を認めたのだ。』

 

人物:アルフレッド・テニソン

『野に咲く花』と聞いて考えるのは、美輪明宏のこの様な言葉や、『野に咲く花にも役目があります。この世に必要でない人はいません。それに気付くかどうか。それが大事なのです。』

>>続きを見る

 

9

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

広告

 

↑ PAGE TOP