名言を自分のものにする

広告

 

>  >  >

 

アイスキュロス 名言/格言

アイスキュロス

 

アイスキュロスとは(画像

古代ギリシャ作家。生誕紀元前525年通称『古代ギリシャ三大悲劇詩人』。

 

 

スポンサードリンク

 

アイスキュロスの言葉

 

『そうあるべきことは、やがてそうなっていくだろう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、鬱蒼とした山奥の森林の中で、とある一本の木があるとする。

>>続きを見る

 

『苦しみの報酬は経験なり。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

苦しんだ。しかし、それだけではなく、しっかりとそこに残るのは『経験』である。その経験をどう活かすかが問題だ。

>>続きを見る

 

『苦しみこそ悟りの母という掟を立て、人間に思慮を教え給うた神なるゆえに、忘れ得ぬ苦しみは眠られぬ胸に染み入り否応なく悟りは訪れる。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

そこに書いた、ホイットマンらの言葉がまさに、この言葉の意味を表している。そもそも人間というものは、『人の気持ち』を理解することが出来なかった。

>>続きを見る

 

『幸福なる状態において、その生命を終えし者のみを幸福なりというべし。』

 

カテゴリー:成功/幸福

様々な見解が出来るだろう。まず一つは、『この世が地獄的である』という事実を前提として、そこから脱することが出来るのは、この世を去るその時だけである、という考え方の方向だ。

>>続きを見る

 

『人間は高慢な思いを抱くべからず。高慢は花を付け、破滅の穂を実らせる。実りの秋はとめどない涙を刈り取る。』

 

カテゴリー:知性/知恵

人間が高慢に陥り、傲慢不遜の花を咲かせると、その花と共に生えて来たトゲに刺さって痛い目に遭う。この様な教訓を伝える偉人の言葉は出揃っている。

>>続きを見る

 

『言葉は怒りに病める心の医者となる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

言葉は火と同じだ。その使い方次第では、人の心を温めることもあるし、人の心に火傷を負わせることもある。

>>続きを見る

 

『正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

『正しき思慮』があれば、『神がなんであるか』ということについて、突き詰めることが出来る。

>>続きを見る

 

『嫉妬心を少しも持たず、友人の成功を喜ぶ強き性格の持ち主は皆無なり。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『嫉妬心を少しも持たず、友人の成功を喜ぶ強き性格の持ち主は皆無なり。』

>>続きを見る

 

『歳をとるにつれ、時は多くの教訓を教える。』

 

カテゴリー:時間/運命

例えば20歳やそこらの人間は、まだ自分が病気で悩まされることも、老化して衰退していくことも、全く想像することはできない。

>>続きを見る

 

『憧れざる人間は、幸せになれず。』

 

カテゴリー:成功/幸福

『ざる』は打消しの言葉だから、例えば、『繋がれざる男』であれば、『繋いでおくのに不必要な男』ということで、『繋いでいたり、拘束しているなら、その男を開放せよ』というメッセージが込められているわけだが、

>>続きを見る

 

『英知は苦難からもたらされる。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

例えば、芸術だけで考えてもこうだ。パブロ・ピカソはこう言い、『芸術は悲しみと苦しみから生まれる。』

>>続きを見る

 

『真の悲しみは、苦しみの支え杖なり。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

これは、『本当に悲しいのは、苦しいからという理由で支え杖の役目を負う、その杖の立場にあるものである。』という意味だろうか。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP