名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

フォイエルバッハ 名言/格言

フォイエルバッハ

 

ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハとは(画像

ドイツ哲学者。生誕1804年

 

 

スポンサーリンク

 

フォイエルバッハの言葉

 

『君が自我を放棄すればするほど、それだけ君の愛は偉大になり、真実になる。』

 

カテゴリー:自己/精神

いきなり最上級かつ最深部の話をしよう。ブッダは言った。

>>続きを見る

 

『信仰とは意見であるが、その意見は真理を含んだ意見である。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

『信仰』とは、『人間の捻出した概念』だ。だとしたら、そこに加味されているのは、『人間の意志』である。『最初から在った』のではない。それは、石ころや太陽や酸素だ。そうではなく、『人間が捻出した』のだ。『意志』を通して。

>>続きを見る

 

『人間の本質が人間の最高の本質であるとしたならば、実践的な、また最高・最上の掟は、人間に対する人間の愛でなければならない。』

 

カテゴリー:自己/精神

『最高の本質』と『最高の掟』とに分けられているその二つが違うものだということがここでわかるわけだ。だとしたら、前者は『本質、実態』そのものであり、後者は『理想、目標』という、位置づけるべき、指針ということになる。

>>続きを見る

 

『人間が宗教の始めであり、人間が宗教の中心点であり、人間が宗教の終わりである。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

マルクスは言った。『人間が宗教をつくるのであって、宗教が人間をつくるのではない。』彼らの言葉を滞りなく受け止めることが出来るなら、この問題は一発で解決である。

>>続きを見る

 

『人生とは精神の生殖作用である。』

 

カテゴリー:自己/精神

『生殖』とは、生物が自らと同じ種に属する個体を作ることを言う。俗に言う『生殖行為』というものがすぐに頭をよぎるはずだが、それだけが生殖に当てはまるわけではないということだ。

>>続きを見る

 

『ものを書くのは他人のためであって、自分のために書くのではない。』

 

カテゴリー:自己/精神

いや、自分の為に書くというシーンもある。状況次第だ。フランスの劇作家、コルネイユは言った。『不幸はこれを語ることによって軽くすることができる。』

>>続きを見る

 

『近世の課題は、神の現実化と人間化…つまり神学の人間学への転化と解消であった。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

ヴォルテールは言った。『神というものが存在しなかったら、「彼」を創造する必要があろう。』ドストエフスキーならこうだ。『神が存在しないならば私が神である。』

>>続きを見る

 

『法律なければ刑罰もない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この当たり前の事実を考える時に必要なのは、一見すると、その逆のことを言っている様に見える、この言葉だ。

>>続きを見る

 

『宗教にとっては、神聖なるもののみが真実である。哲学にとっては、真実なるもののみが神聖である。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

だとしたら、私は完全に哲学者ということになる。真実をこよなく愛する私は、実の両親がクリスチャンであることに、一体どれほど悩まされたことだろうか。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP