名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

有島武郎 名言/格言

有島武郎

 

有島武郎とは(画像

日本作家。生誕1878年

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

有島武郎の言葉

 

『畏れることなく醜にも邪にもぶつかって見よう。その底に何があるか。もしその底に何もなかったら人生の可能性は否定されなければならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

キリスト教に入信し、ハーバード大学で学び、社会主義に傾倒しホイットマンやイプセンらの西欧文学、ベルクソン、ニーチェなどの西洋哲学の影響を受ける有島。電力王、松永安左エ門はこう言っている。

>>続きを見る

 

『私は私のもの、私のただ一つのもの、私は私自身を何者にも代え難く愛することから始めねばならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

不撓不屈の女、アウン・サン・スー・チーは言う。『自分の人生を自分が決めるということは、自分の心に自分が打ち勝つことです。』あるいはキューバの革命家、カストロは言う。

>>続きを見る

 

『小さなことが小さなことでない。大きなことが大きなことでない。それは心一つだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『事件に小さいも大きいも無い!』こういう熱い言葉を聞いたことはあるはずである。キリストの言葉の超訳として、『”言葉”の取扱者たる資格があるか自問せよ』

>>続きを見る

 

『己を主とする以上、他人にも同じ心持ちのあるのに注意しよう。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば彼が敬虔なクリスチャンだったことを踏まえて、この言葉の意味をこう考えてみる。『自分を主とするからいけないのだ。

>>続きを見る

 

『前途は遠い。そして暗い。しかし恐れてはならぬ。恐れない者の前に道は開ける。行け。勇んで。小さき者よ』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

この言葉を『少年よ、大志を抱け。』と照らし合わせて考えてみても、同じである。※札幌農学校1期生との別れの際に、北海道札幌郡月寒村島松駅逓所(現在の北広島市島松)で、アメリカの教育者、

>>続きを見る

 

『愛の表現は惜しみなく与えるだろう。 しかし、愛の本体は惜しみなく奪うものだ』

 

カテゴリー:教育/愛情

トルストイは言う。『愛は惜しみなく与う。』まずこの時点で、トルストイと有島武郎の意見は一致した。惜しみなく与えるのだ。それが愛である。

>>続きを見る

 

『容易な道を選んではならぬ。 近道を抜けてはならぬ』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

開高健はこう言い、『成熟するためには遠回りをしなければならない。』技術評論家、牧野昇はこう言った。『回り道が近道のことがある。それが人生だ。』

>>続きを見る

 

『自分というものと不分不離の仕事を見出す事。而して謙遜な心持でその仕事に没頭する事。』

 

カテゴリー:自己/精神

『不分不離』という言葉の意味はわからないが、『不即不離』という言葉の意味なら辞書にある。二つのものの関係が、深すぎもせず、離れすぎもせず、ちょうどいい関係にある、という意味だ。

>>続きを見る

 

『僕は一生が大事だと思いますよ。来世があろうが、過去世があろうが、この一生が大事だと思いますよ。』

 

カテゴリー:人生/生死

ヒンズー教では、現世で自分を苦しめた分だけ、来世で楽になれるという教えがある。 しかし、よく考えたらそこにあるのは『楽を求める人間の姿』だ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP