名言を自分のものにする

広告

 

>  >  >

 

アラン 名言/格言

アラン

 

エミール=オーギュスト・シャルティエとは

フランス哲学者。生誕1868年

 

 

スポンサードリンク

 

アランの言葉

 

『握ったコブシを開けば、怒りも消える。』

 

カテゴリー:自己/精神

怒りに満ちた人間の感情は頑なだ。まるで、普段は柔和で温厚な部分を、力づくで握りつぶされそうになる。そういう感情に心が支配される。

>>続きを見る

 

『宿命論が後悔を追い払うのは、人ができることをすべてし尽くした場合に限る。』

 

カテゴリー:自己/精神

『宿命論』とは、世の中の出来事はすべて、あらかじめそうなるように定められていて、人間の努力ではそれを変更できない、とする考え方である。

>>続きを見る

 

『敵か、それとも味方か。私が攻撃すれば、敵になる。私がなんの恐れもいだかず、微笑してみせれば味方になる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

そこに書いたのだが、私は恩師に『卑怯者だ』と言われるまで、私に敵など、一人もいなかった。

>>続きを見る

 

『人がいらだったり、不機嫌だったりするのは、あまり長いあいだ立ち通しでいたせいであることがよくある。そういう時、その人の不機嫌に対して理屈をこねあげたりしてはいけない。椅子をさしだしてやるがいい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

人が怒ったり、焦ったり、あるいは恐れているのには理由がある。理由がないことなどないのだ。そう考えただけでも、そういう相手を見かけた時、

>>続きを見る

 

『太っ腹に相手を信用してかかり、美点をさがすのでなければならぬ。人間に期待をかける人こそ、もっともよく報いられるものである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

信頼された人間は、最初その期待値の高さと、自身が表面化させている実態とのギャップに、プレッシャーを感じ、窮屈な思いをして束縛を感じ、あるいは重くのしかかって身動きが取れなくなることがある。

>>続きを見る

 

『彼は決心した、というのはいい言葉だ。一語で、決心と解決という二つの意味を示している。』

 

カテゴリー:知性/知恵

つまり『決心』というのはそれだけ覚悟がいるということだ。決心した人間の目は据わっていて、断固としてぶれない意志の固さが手に取るようにわかる。

>>続きを見る

 

『悲観主義は気分に属し、楽観主義は意思に属する。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私はネガティブな人間に、非常に強い嫌悪感を抱いている。私にはそれを抱いていい資格がある。なぜなら私だって、かつてはネガティブな方向に考えを持って行った時期があるからだ。

>>続きを見る

 

『社会は、何も要求しない人には、何一つ与えない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

さて、受け身でいる人は、そろそろ機は熟したのではないだろうか。

>>続きを見る

 

『仕事の幅を広げるこうした冒険は、また心の幅をも広げ、自己認識に風景をそえるものだと、私は言いたい。』

 

カテゴリー:自己/精神

それは本当にその通りなのだ。馬鹿にする風潮も微かにあるが、馬鹿にすると、逆に馬鹿を見るのでやめた方が良い。

>>続きを見る

 

『どんな平凡な俗人でも、自分の不幸を真似ると大芸術家である。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

『どんな平凡な俗人でも、自分の不幸を真似ると大芸術家である。よく言うように心が締め付けられるときには、腕で自分の胸を締め上げ、あらゆる筋肉が互いに突っぱりあう。

>>続きを見る

 

『不信の力とは、宣託を聞こうとしないことである。聞けば少しは信用するに違いない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『宣託(せんたく)』というのは、神のお告げという意味である。もうこの時点で、10代の頃の私なら、『は?』と言って、『何が神だよ馬鹿野郎』と吐き捨て、敵視しただろう。

>>続きを見る

 

『労働とは最良のものでもあり、最悪のものでもある。自由な労働ならば最善のものであり、奴隷的な労働であれば、最悪のものである。』

 

カテゴリー:仕事/経営

つまり、主体的に労働している『朗働』であるか、反応的に労働している『牢働』であるか、ということだ。自由な意志がそこにあるか、ないかということ。あるなら幸せであり、ないならその人間は不幸ということになる。

>>続きを見る

 

『雨が降り出してきたら、舌打ちなんかせず、軒下に出て悠然と傘を広げよう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

要するに、自分のため、できるだけ気持ちよく過ごすためには、いやな言葉を吐いたり、いやな思いを抱いたりしてはならない。』

>>続きを見る

 

『金儲けの上手い人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。』

 

カテゴリー:お金/資産

金がなければ金を捻出できないという人は、外部要因に依存している人間である。

>>続きを見る

 

『気分に逆らうのは、判断力の問題ではない。判断はこの場合なんの役にも立たない。そうではなく、態度を変えて適当な運動をやってみる必要があるのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

というのは、我々自身のうちで、筋肉というモーターが我々の支配しうる唯一の部分だからである。微笑や、首をすくめることは、心労に対する天下周知の操作である。』

>>続きを見る

 

『実際には、幸福や不幸の原因というものはなんでもないのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

そういうものはたいていは取るに足りないものである。何かしているあいだは、少しも気にならない。ところが、それを考える暇ができ、丹念に考えだすと、たちまち小さな理由が大挙して押しよせてくる。』

>>続きを見る

 

『死におそわれるのは生者のみであり、不幸の重荷を考えるのは、幸福な人たちのみである。』

 

カテゴリー:成功/幸福

それは本当にその通りなのだ。馬鹿にする風潮も微かにあるが、馬鹿にすると、逆に馬鹿を見るのでやめた方が良い。

>>続きを見る

 

『頭を下げることや、ニコニコすることは、腹立ち・疑い・悲しみを不可能にするという長所がある。だからこそ社交や訪問、儀式や祝祭がいつでも喜ばれるのである。』

 

カテゴリー:自己/精神

『頭を下げることや、ニコニコすることは、腹立ち・疑い・悲しみを不可能にするという長所がある。だからこそ社交や訪問、儀式や祝祭がいつでも喜ばれるのである。それは幸福を真似る機会である。

>>続きを見る

 

『精神上のあらゆる不幸に対して、また初期の病気に対しても、柔軟運動と体操とが必要である。』

 

カテゴリー:自己/精神

そして、たいていはこの療法だけで間に合うと思う。だが世間の人はこのことを少しも考えない。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP