Contents|目次

アラン『実際には、幸福や不幸の原因というものはなんでもないのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『実際には、幸福や不幸の原因というものはなんでもないのだ。いっさいは我々の肉体とその作用とにかかっている。そしてどんな頑丈な体格だって毎日、緊張から沈滞へ、沈滞から緊張へと、しかもたいがいは食事や、歩行や、注意の努力、読書、天気の具合などにつれて、移っていくものである。君の気分は、それによって上下すること、まるで波の上の舟と同じことだ。そういうものはたいていは取るに足りないものである。何かしているあいだは、少しも気にならない。ところが、それを考える暇ができ、丹念に考えだすと、たちまち小さな理由が大挙して押しよせてくる。』

 

 

気分屋というものは、常に一喜一憂している。私の母親などはその典型である。こういう人間を見ていると、とても『不安定』に見える。母親はクリスチャンを自称していて、もう30年以上も聖書をバイブルとして崇め、同じ思想を持った人間の集いに参加し続けている。事実、その集いにいる人間に私も幼少期に触れて来たが、中には良い人もいる。だが、悪い人もいた。

 

そんなものだ。別に、どこどこの宗教に属しているからといって、あるいは警察だからといって、そこには善人も悪人もいるものだ。人間なのだから、それは当たり前のことである。しかし例えば母親は、少し『依存』しているところがある。まあ、30年以上もそれを続けていること一つ考えてもわかるが、その様な活動に触れている時は、実にリラックスしていて、心が満たされている『ように見える』。つまり、その活動の範囲外にあるときは、心が枯渇している『ように見える』。

 

ように見えるわけだ。つまり、見えるだけで、彼女が実際に、それで『幸せ』か『不幸』なのか、という事実とは関係がないのである。彼女は本当に、私にクリスチャンになることを強要しておいて、あれだけのことがあって、それでも尚、その信仰を盾にし、自分だけが正しい道を歩いている、と断言するつもりだろうか。家庭が崩壊してでも、依存する価値があるのか。イエス様に祈りを捧げる前に、対話するべき人間はいないのか。

 

彼女はとても『気分屋』である。自分の心が望む結果になると心が躍り、そうじゃないときは沈んでいる。私にクリスチャンになってもらえれば、家族みんなでクリスチャンになれて『幸せ』であり、私がそれを拒絶することは、『シナリオ通り』の展開ではなく『不幸』である。だが、私はそんな母親がいてよかった。父親はもうずいぶん前に死んだが、この両親の下に生まれたことを、私は間違いなくプラスの方向に持っていくつもりである。それをするのも、それをしないのも、全て私の意志一つにかかっていると、途中で気づいたのだ。

 

私はこの両親の下に生まれたことにより、圧倒的な主体性を手に入れることが出来た。そうじゃなく、順風満帆で、私の『シナリオ通り』なら、こうも燃えあがるエネルギーは捻出されなかっただろう。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ツルゲーネフ『疲れたら休むがよい。彼らもまた遠くは行くまい。』 ジョモ・ケニヤッタ『私はまた、私の敵にも感謝しなければならない。彼らが、私を失望させようとしたことがかえってこの仕事をやり通す力を私に与えたのである。』 ガストン・ド・レヴィス『時は誤りを摩滅させ、真実を磨き立てる。』

 

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧