名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ゲーテ『退屈は雑草であるが、いろんなものを消化させる薬味でもある。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ニーチェは言った。

『消化ということには、健康上一種の怠惰が必要である。およそ体験を消化するにもやはり同じ事だ。』

 

人間には『処理、整理』する時間が必要なのである。だが実は、それは無意識にほぼ全ての人がその時間を確保しているのである。それが『睡眠』である。

 

その時間に人間は、必要な情報と不要な情報に分けて整理する。だから朝起きて(スッキリした)という感想を抱くことがあるのである。

 

電力王、松永安左エ門は言った。

『実業人が実業人として完成する為には、三つの段階を通らぬとダメだ。第一は長い闘病生活、第二は長い浪人生活、第三は長い投獄生活である。このうちの一つくらいは通らないと、実業人のはしくれにもならない。』

 

長い『闘病、浪人、投獄』。それらは一見すると『退屈』極まりない。だが実は、その時間にしか出来ないことがある。それを見極めた人間は、甚大な力を発揮する。それについての詳しい内容は、下記に記載した黄金律を見るといいだろう。

 

孤独

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。

 

また、『一度退屈な思いをする』ということは『様々なリセットとなる』、あるいは『スイッチとなる』という見方もできる。

 

例えば、人間が『快感だ』と思う為には、『一度不快な思いをする』と効果的であると学者は言う。例えば、靴下の嫌なにおいを嗅いだ後、そこから鼻を解放させる。するとそこには快感を覚えているという。

 

また、人間が『人生に新鮮さがなくなってきて、驚くことがなくなってきた』という状態に陥った場合、『一度最底辺の経験を積む』と効果的であると学者は言う。例えば、美味しい料理ばかり食べて飽きてしまった人は、一度どうしようもないくらい不味い食事を食べる。すると、また美味しい料理に戻ったときに、その料理を有難く頂戴することができるという。

 

この事実は、下記の黄金律にも関係しているだろう。

 

足るを知る

 

8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。

 

日常の退屈な日々を有難いと思えない様であれば、それは命を浪費している。天災やテロや戦争で命を失った者は、その『退屈な日々』を思い出して涙を流し、その日に戻りたいと強く懇願するだろう。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『退屈は雑草であるが、いろんなものを消化させる薬味でもある。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『一つのことが万人に当てはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ。』

 

『ただの1日は間違いと失敗にすぎぬが、それが積み重なって、ある期間になれば結果や成功がもたらされる。』

 

『ここで今これ以上骨を折っても無駄だ!バラならば、花咲くだろう。』

 

『思索なんかする奴は、枯野原で悪霊にぐるぐる引きまわされている動物みたいなものです。その外回りには美しい緑の牧場があるのに。』

 

『ただ はつらつとした活動によってのみ、不愉快なことは克服される。』

 

『我々に理解できないことが少なくない。生き続けていけ。きっとわかって来るだろう。』

 

『長い間考えこんでいるものが、いつも最良のものを選ぶとはかぎらぬ。』

 

『今日という日にまさるものはない。』

 

『われわれが理解しないことは制御しがたい。』

 

『世界は粥やジャムからできてはいない。それゆえ、怠け者を気取っていてはならぬ。固い食物も噛まねばならぬ。喉につまってへこたれるか、消化してしまうかどっちかだ。』

 

『人を賞美するのは、自己をその人の水準に置くことになるのである。』

 

『現実を直視する心に本当の理想が生れる。』

 

『能ある者は、そっとだまっていよ。そっとしておいても自ずから現れてくる。どんなに装ってみても結局は人の問題だ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP