名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  > >   >

 

アウレリウス『競技場では、競技相手の攻撃を好意をもって避ける。人生という競技場でも、共に競技をしている人たちを大目に見てあげようではないか。人を疑ったり憎んだりせずに避けることは可能なのだから。』

アウレリウス


ローマ帝国皇帝 アウレリウス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


15年以上も前になるが、『俺たちのフィールド』というサッカー漫画で、主人公がアルゼンチンに行ってサッカーを学ぶシーンがあった。そこで衝撃を受けたのは、カルチャーショックである。

 

日本には『スポーツマンシップ』があって、それに逆らってまで勝ちにこだわることは、良しとしない。いや、少なくとも私の周りにあった環境は、そういうものではなかった。しかしそのワンシーンでは、アルゼンチンの選手たちが、審判や観客ににばれないように、『ハンド』を使ってボールをゴールに入れていたのだ。

 

 

その他にも、選手の洋服を引っ張ることなど日常茶飯事。日本人の主人公は、そのカルチャーショックに、最初、ひどく葛藤していた。それは私も同じだった。

 

ここで考えるべきなのは、『日本の教育』である。日本は、『勝ちにこだわる必要がない平和な国』になったことは、喜ばしいのだ。だがその反面、視野が狭くなり、彼らの様な執念を燃やす人間が、視界から消えてしまっていた。だが、確かに彼らの様な人間は世界中にごまんと存在するのである。

 

アウレリウスの言う様に、世界の人間と何かの競技をするとなると、『日本の反則の概念』は通用しないと思った方が良い。まずそこを、『世界規模の概念』にこちらが合わせる必要があるのだ。

 

つまり、『あまりにもわかりきった反則』はNGだが、『多少洋服を引っ張る』とか、それぐらいのことではいちいち審判は笛を吹かない。『そこ』が『世界規模の概念』である。それについて、かつての漫画読者の私の様に、傷ついて葛藤してしまうのは、『平和ボケ』で『視野が狭い証拠』である。

 

サッカー

 

『世界規模』。それは言うなれば、『人間規模』である。『中国古典』の教え』の『史記』について書かれた一文にはこうある。

 

『地位が上がったり下がったりすることによって、付き合いの深さが良くわかる』

 

こちらが調子のいい時は放っておいても人は集まるが、落ち目になると、さっと去っていく。遥か昔から今において、変わることのない愚かな習性である。

 

本は続けてこう言う。

『だが、初めからそれが人情だと心得ていれば人が寄ってきたからといって喜ぶこともないし、去っていったからといって嘆くこともないのである。』

 

-------------▲

 

『人間規模』を知ることは、人間として生きる全ての人間の、責務である。

 

『競技場では、競技相手の攻撃を好意をもって避ける。人生という競技場でも、共に競技をしている人たちを大目に見てあげようではないか。人を疑ったり憎んだりせずに避けることは可能なのだから。』

 

この言葉は、人間に『選択肢』があることを示唆する言葉でもある。例えば、ブッダは『負の連鎖を断ち切るのは自分だ』という教えを強く説いた。

 

ブッダ

 

もし自分が負のエネルギーを受けても、それを自分が浄化してしまえばそれで済むことだということを説いたのだ。

 

彼のこの考え方によって、バラモン教(現ヒンズー教)で根付いていたようなカースト制度は否定されることになる。カースト制度の考え方だと、奴隷の身として生まれた人間は、一生奴隷として生きていかなければならない。それだけではなく、自分の祖先や、子孫に至るまで、永久に奴隷として生きていくことを強いられるのだ。

 

 
引用:http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=813

 

つまり祖先が奴隷であれば自分も奴隷で、その子孫も永久に奴隷となる。カースト制度はこういった考え方を人間に植え付けてしまった。

 

しかし、それを強く否定したのがブッダだった。当時広がっていたその考え方に疑問を持ったブッダは、自分の考え方、つまり『仏教』を教え、世に光を差すために立ち上がったのだ。

 

ここから得られる教訓は、『インサイド・アウト』の発想である。

 

アウトイン

 

環境がどうであれ、他人が何と言おうと、自分さえ自立していれば動じることはない。こういう境地に達した人間は強いし、そしてアウレリウスの言うように、誰もがそういう選択肢を持っているのである。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

アウレリウス『競技場では、競技相手の攻撃を好意をもって避ける。人生という競技場でも、共に競技をしている人たちを大目に見てあげようではないか。人を疑ったり憎んだりせずに避けることは可能なのだから。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『他人の厚顔無恥に腹が立つとき、ただちに自らに問うてみよ。 「世の中に恥知らずの人間が存在しないということがありえようか」 「ありえない」と答えるだろう。それならば、ありえぬことを求めるな。』

 

『人の一生は短い。君の人生はもうほとんど終わりに近づいているのに、君は自分に尊敬をはらわず、君の幸福を他人の魂の中に置くことをしているのだ。』

 

『汝、穏やかなる人生を送りたければ、仕事を減らすべし。』

 

『幸福な生活をするのに必要なものはほとんどない。それはあなた自身の中、心の持ちようにある。』

 

『人間はお互い同士のために創られた。ゆえに彼らを教えるか、さもなくば耐え忍べ。』

 

『今の瞬間だけに生きよ!』

 

『各々の物はそれが創られた目的に向かって惹かれる。惹かれるものの中に、各々の目的がある。目的のある所に各々の利益と善がある。』

 

『君の精神は、君の平生の思いと同じようになるであろう。なぜならば、魂は思想の色に染められるからである。』

 

『よし君が怒って破裂したところで、彼らは少しも遠慮せずに同じことをやりつづけるであろう。』

 

『他人に関する思いで君の余生を消耗してしまうな。』

 

『未来を思い煩うな。必要ならば、君は今現在のことに用いるのと同じ理性をたずさえて、未来のことに立ち向かうであろう。』

 



↑ PAGE TOP