名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ロシュフーコー『現在自分が何を欲しているのかもはっきり分からないのに、将来自分が欲するであろうことを、どうして請け合えるだろう?』

ラ・ロシュフーコー


フランスモラリスト ラ・ロシュフーコー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


作家、村上龍はこう言っている。

『自分が欲しい物が何かがわからない人間は、何も手に入れることは出来ない。』

 

まずはこのロシュフーコーのこの言葉を、ドストエフスキーがこう言った様に、

『人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。』

 

『今の自分が幸か不幸かも理解していないのに、将来の自分のことなど憂う必要はない』という、『明日は明日の風が吹く』の様なメッセージだと受け止めることもできる。

 

だが、私が受け止めるのは、村上龍と同じ線の上にある意味合いだ。

 

基本的に私は『慰め』ではなく『戒め』で考えることを誓っている人間なので、どうしても慰め方向に傾こうとすると、それに反抗する癖がついている。それは、クリスチャンの親の下に生まれた、運命でもある。

 

クリスチャン

 

要は、『自分が今、イチローの様なメジャーリーガーでもないのに、将来、自分がメジャーリーガーになってハイレベルな生活を送ることを想像し、何十億円規模の引き抜きの話に、伸るか反るか…』

 

という妄想を抱いても、時間の無駄である。そんなことをする暇があったら、まずは自分が本当にイチローのように、小学校からメジャーリーグに行くことを決意し、友人との遊びも絶ち、歩くべき道を一歩一歩歩く覚悟があるかどうか、自問するべきである。

 

下記の黄金律にもあるように、

 

今

 

3.『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。

 

『現在の積み重ねが、未来』だ。それはイチロー曰く、

『確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへは行けない。』

 

ということなのである。

 

このたった一度の人生で、自分がやるべきことが何であるかを悟るのは一日でも早い方がいい。私の部下には、丸10年という時間、『自分がこの人生で何をやりたいか』を明確に出来ず、時間をどぶに捨てた人間がいる。

 

10年だ。10時間や10日ではない。私はこの10年という時間彼を見てきた。その私が言っているのだ。『時間をどぶに捨てた』と。そして当然彼にもこの10年間、それを言い続けてきた。

 

『このままでは有限の人生の時間内で、お前は何も成し遂げることができない』と。

 

人生

 

彼がこのように厳しい評価を受けるのは、自分のやりたいことを定めず、未だに遅刻を二日連続でしてしまうような自堕落な人生を歩んでいるくせに、待っていればチャンスが訪れるかもしれない、という射幸的な発想をいまだに捨てきれていないからだ。

 

だから『どぶに捨てた』という表現を使った。つまり、この10年もその発想でただひたすら責任を外部に押し付け、アウトサイド・インの発想に依存してきたのだ。

 

アウトイン

 

しかし実際はインサイド・アウトだ。自分が決めるのだ。イチローが野球選手に、錦織圭がテニスプレイヤーに、羽生結弦がプロアイススケーターになることを決めてそれを現実化させたように、自分が欲しい物が何かがわからない人間は、何も手に入れることは出来ない。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

 

 

黄金律

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

 

 

 

 

ラ・ロシュフーコー『現在自分が何を欲しているのかもはっきり分からないのに、将来自分が欲するであろうことを、どうして請け合えるだろう?』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言

『嫉妬は常に恋と共に生まれる。しかし必ずしも恋と共には滅びない。』

 

『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』

 

『社交においては、我々の優れた特性によってよりも、欠点によって気に入られることのほうが、かえって多い。』

 

『小さい事に身を入れすぎる人は、通常大きな事ができなくなる。』

 

『自分ひとりが賢いものになろうとするのは大馬鹿者である。』

 

『知はいつも情に一杯食わされる。』

 

『他人に欺かれるもっとも確実な手段は、他人よりも自分のほうが狡猾だと思うことである。』

 

『よもや他人の迷惑にはなるまいと思っているときに、他人の迷惑になっていることがよくあるものである。』

 

『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

 

『不可能なことはない。すべてに至る道がある。』

 

『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

 

『運も健康と同じように管理する必要がある。好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである。』

 

『情熱は、つねに人を説き伏せる無類の弁舌家である。』

 



↑ PAGE TOP