名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ドストエフスキー『愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。』

ドストエフスキー


ロシア作家 ドストエフスキー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ドストエフスキーはこうも言い、

『一般的に言って、苦しみと悩みは、偉大な自覚と深い心情の持ち主にとって、常に必然的なものである。』

 

ナイチンゲールは言った。

『自分の命より大切なものが多くなると、人間、気苦労が多くなる。』

 

全てはそこに書いた。つまり、悲しみがなく、幸せだと主張する人間は、偽善者である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『大変という字は大きく変わると書く。大きな変化を自分に期待する人間が、大変な思いを避けてどうする。』

 

黄金律

『逆に、なぜ一本道だと思ったのか。』

 

 

黄金律

『いくら押しても開かないドアがあるなら、それは『引きドア』だ。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

黄金律

『真っ白で、綺麗で、勝者でいられるって、そりゃあそうだろう。黒に触れなきゃ、白くいられる。』

 

 

 

 

ドストエフスキー『愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『本当の真実というものはいつでも真実らしくないものだ。』

 

『良心の自由ほど魅惑的なものはないけれど、またこれほど苦しいものはないのだ。』

 

『どうか偶然なんてことをあてにしないでください。偶然のない人生というのもあるのですから。』

 

『思いやりこそは最も重要な、そしておそらくは全人類の唯一の生活の規範なのだ。』

 

『女にとっての復活は、あらゆる破滅からの救いと更生は、愛のなかにある。』

 

『人間の後半生は、通常、前半生で蓄積された習慣のみで成り立つ。』

 

『あの言葉はもちろん、思わず口からこぼれたのだが、思わず言っただけによけい重大なのだ。』

 

『人間には、愛がありさえすれば、幸福なんかなくったって生きていけるものである。』

 

『真の紳士は、持てる物をすべて失ったとしても感情を表してはならない。お金はまったく紳士の関心の外にあることであり、気にかける価値もない。』

 

『「私にはその行為に責任があるのだろうか?ないのだろうか?」という疑問が心に浮かんだら、あなたに責任があるのです。』

 

『他人に尊敬されたいのなら、自分自信を敬うがいい。自分自身に敬意を払うことによってのみ、他人はあなたを敬うようになるだろう。』

 

『地獄とは何か、それはもはや愛せないという苦しみだ。』

 



↑ PAGE TOP