名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

小林秀雄『青年にとってはあらゆる思想が、単に己の行動の口実にすぎぬ。』

小林秀雄


日本文芸評論家 小林秀雄画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


まるで『青年』と『それ以上の人間』は一線を画す存在であるかのような印象を受けるが、なに、だとしたらほとんどの人がここで言う『青年』に当てはまるだろう。

 

自分の行動の口実、というのは、つまり『自分はそういう考え方の人だから、これは変えられないんだ』などと言って、頑なに周囲との不和や軋轢に対して反応することをいうわけだが、よくいるだろう。『俺はこういう人間だ』とか言う人間が。

 

自分の行動の正当化の為に、『自分はそういう人種である』と言う主張をする。私も20歳の頃、同じことをして、当時の彼女にこう言われたのを覚えている。

『そんなこと言われたら、もう何も言えなくなっちゃうじゃん。』

 

それを言われてハッと気づいたのだ。私は、自分の行動の正当化の為に、自分がそういう思想を持っている人間である、ということを盾にして、周囲からの意見を根絶していた。

 

私がそういう人間になってしまったのは、両親からクリスチャンになることを強要されたことが大きく関係しているが、

 

 

以来、私はあまりそういう言葉を言わないように努めている。特に、愛している人に対しては、尚のことそうだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

小林秀雄『青年にとってはあらゆる思想が、単に己の行動の口実にすぎぬ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人間は何もしないで遊んでいる時に育つんだよ。』

 

『教えようと思っている人から教わった人は一人もいない。』

 

『見ることは喋ることではない。言葉は眼の邪魔になるものです。』

 

『科学というのは、人間が思いついた一つの能力に過ぎないということを忘れてはいけない。』

 

『僕らが生きてゆくための知恵というものは、どれだけ進歩してますか。例えば論語以上の知恵が現代人にありますか。』

 

『世間を渡るとは、一種の自己隠蔽術に他ならない。』

 

『絶望するにも才能がいる。』

 

『歴史は進歩なんかしない。ただ、変化するだけだ。』

 

『老醜という言葉は様々な生物にいえるが、大木には当てはまらぬ。大木は老いていよいよ美しい。』

 

『現在の行動にばかりかまけていては、生きるという意味が逃げてしまう。』

 

『芸術は、タブーを持ったら衰退する。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP