名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

韓非子『名君が臣下を統率するために必要なのは、アメとムチの使い分けだ。』

韓非(韓非子)


中国思想家 韓非子

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


明主のその臣を制する所は二柄のみ。二柄とは刑徳なり。

 

『名君が臣下を統率するために必要なのは、アメとムチの使い分けだ。有能かつ現実的なリーダーは、合理的な戒律で部下を管理するのを厭わない。』

 

ナポレオンは言った。

『人間を動かす二つのてこは、恐怖と利益である。』

 

 

マキャベリもこう言ったが、

『民衆は頭をなでるか消してしまうかのどちらかにせよ。』

 

彼らは、アメとムチが必要だから臣下なのだ。彼らに主体性があれば、臣下ではないのである。その決定的な事実を知るべきである。

 

私にも部下がいる。当然私は、彼に全手柄を持っていってもらい、幸せになってもらうために、主体性とパラダイム転換について、入社初月から説いている。

 

だが、彼はそれから7年、主体性が持てず、パラダイム転換も出来ないまま、『言われたことも出来ない人間、言われたことしか出来ない人間、言われたこと以上のことが出来る人間』のうち、最初の2つを右往左往し続けているのが現実なのだ。

 

私の指導教育は、生易しいものではない。逃げた人間もいるぐらいだ。だが、その強度の中でも、そうして自分の生きるペースを変えられない。『人にはそれぞれの歩幅がある』などというセリフを言うのは、たった今からでも出来る。

 

だが、それによる機会損失はどうだ。彼の子孫は、それで満たされるのか。実に様々な葛藤を積み重ねて来た私だが、今は、ここに出ている韓非子、マキャベリ、ナポレオンといった人間の意見が、身に沁みているわけである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

韓非子『名君が臣下を統率するために必要なのは、アメとムチの使い分けだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人が往々にして志を果たすことができないのは、他人に勝てないからではない。 自分自身の弱さに打ち克てないところに原因がある。』

 

『本当に優れた人物は、物事のわずかな変化や違和感を見逃さない。』

 

『人は巧みな取り繕いよりも、不器用な誠実さに動かされるものだ。失敗を犯したときは、正直に向き合う方が信用を失わずに済む。』

 

『人生には時に他人の力に頼らなければならないときがあるが、それが慢性化するとその人物の実力は凋落の一途を辿る。』

 

『たとえ将来的に有用であることが立証されている政策でも、常に最優先事項だとは限らない。』

 

『道理にかなったこと努力をすれば、案外容易に目標は達成できる。しかし、道理に反する事をやっていれば、どれだけ苦労しても無駄骨に終わるだろう。』

 

『犬が虎を恐れ逆らわないのは、虎が強力な爪と牙を備えているからだ。』

 



↑ PAGE TOP