名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

安岡正篤『我々の生活が自堕落になったとき、心から馬鹿と叱ってくれる畏敬する人を持つ者は幸いだ。』

安岡正篤


日本哲学者 安岡正篤画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


要は、そういう『メンター』、つまり、精神面を指導してくれる師匠のような存在は、普通、『いない』のである。それが、『いる』ということであれば、それは当然幸せなことだ。

 

FacebookのCOO、シェリル・サンドバーグは、著書『LEAN IN』でこう言っている。

 

---------▼

 

Googleにいた頃、非常に優秀な若い女性に数年にわたって注目し、彼女が重大な決定をする局面で折に触れてアドバイスをした。『メンター』という言葉は使わなかったが、彼女の成長の為にたくさんの時間を費やしたつもりだった。

 

だからある日彼女が、

『私はメンターはいなかったし、私を見もあってくれる人は誰もいなかった』

 

とひどくあからさまに言った時、私はびっくりしてしまった。そこで、

『あなたはメンターをどういう意味で使っているのかしら』

 

と質問してみた。彼女曰く、『少なくとも週に一時間は話し合いをする相手』だと言う。私は微笑み、それはメンターではなくセラピストだと思ったけれども、何も言わなかった。

 

 

---------▲

 

ここでいう『セラピスト』なら、金を払えば見つかるだろう。だが、無償でそれを行い、心底から叱ってくれるという『メンター』は、なかなかいるものではない。

 

もし自分にそういうメンターがいるのであれば、それは奇跡だ。被害者ヅラをして愚痴を言っているのであれば即刻態度を改め、その存在に感謝するべきである。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

 

 

安岡正篤『我々の生活が自堕落になったとき、心から馬鹿と叱ってくれる畏敬する人を持つ者は幸いだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『いい年になったら早く後継者にその地位・財産を譲って、真実の生活に入るべきものである。 』

 

『自己の内面に満足なものを持たない者ほど外物に憧れる。』

 

『西洋でも東洋でもそうだが、有為有能な人に共通しておることは、惰眠をせぬことである。』

 

『人生航路において辱めを受けたり、運命に恵まれなかったり、因果に支配されても、すべて天命と受け止めよ。』

 

『偉くなることは、必ずしも富士山のように仰がれるようになるためではない。なるほど富士山は立派だけれども、それよりも何よりも立派なのは大地である。』

 

『古い友人を持っておる者ほど本物だが、たえず新しい友人を漁って歩く者は、それが順境にある者ほど偽者だ。』

 

『本当の学問や修養というものはこれは禅でも儒でも同様で、人間と人間、精神と精神、人格と人格が火花を散らすようにやる。』

 

『子供は言説で教えるよりも、情的に感じ取らせることの方が大事なのです。親父は千言万言を費やして説教するよりも、黙って子供に見せることであります。』

 



↑ PAGE TOP