名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

パスカル『人間は一本の葦にすぎない。自然のうちで最も弱いものである。だがそれは考える葦である。』

パスカル


フランス哲学者 パスカル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


葦(よし)とは、イネ科の植物である。

 


画像

 

別にパスカルは、葦以外の物で例えても良かったわけであり、葦にこだわる必要はない。人間も葦も、ライオンも鳥も、アリもたんぽぽも、『一本の葦』と同じく『自然のうちで最も弱いもの』なのだ。

 

『自然のうちで最も』と言っているのに、その『最も』がこうも多く当てはまるなら、一体どれが『最も弱い』のか、という疑問が浮かんでしまうが、それは話が逸れてしまっている。

 

ここまで考えれば、この『葦』はただの例えで表現されたことがわかるはずだ。人間もその他の生命も、同じように『一本の葦と同じく、弱い存在』なのである。それは野に咲く花と同じ。風が吹けば散るのが運命だ。 女も男も皆同じ。

 

『花も人も、命は儚い。最初からそうなっているのだ。』

 

だが、その『最も弱いそれぞれの生命』の中で、『考えることが出来る』のは、人間だけである。

 

だとしたら群を抜く。文字通り、横一線に並ぶその群から、頭一つ抜けた存在が、人間なのである。だとしたらその唯一その他の生命に差をつける『抜群』の能力、『考える』ということは、とても貴重だ。尊い。

 

私は10代の頃、『考えること』を放棄した時期があるが、あの時はあまり『人生を生きている』という実感が無かった。空虚で、空っぽで、物足りない。

 

しかし父親の死に直面して思考を取り戻した時、私の目からはしばらく封印していたはずの涙が一つ、こぼれた。

 

それは、『考えた』からだ。

 

父親との思い出を。忌み嫌っていたはずの彼の人生の尊さを。

 

今日も明日も、考え抜こうではないか。それが人生を生き貫いてみせる、人間の意地であり、意志だ。

 

本

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

パスカル『人間は一本の葦にすぎない。自然のうちで最も弱いものである。だがそれは考える葦である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。』

 

『人間は神と悪魔の間に浮遊する。』

 

『多くの宗教家が互いに相反しているのをみる。だから、ひとつを除いて、他はみな虚偽である。どの宗教も、それ自身の権威に基づいて信じられることを欲し、不信仰者をおびやかす。』

 

『心情は理性の知らないところの、それ自身の道理を持っている。』

 

『思考が人間の偉大さをなす。』

 

『時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである。』

 

『真理が支配しているときに平和を乱すことがひとつの犯罪であると同様に、真理が破壊されようとしているときに平和にとどまることも、やはり、ひとつの犯罪ではないか?』

 

『知恵は知識にまさる。』

 

『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』

 

『神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。』

 

『自然はそのすべての真理を、それぞれそれ自身のうちにおいた。我々の技巧は、それらの一方を他方のうちに閉じこめようとする。だが、それは自然的ではない。』

 

『誤った法律を改正する法律くらい誤ったものはない。法律は正義であるがゆえに従うといって服従している者は、自分の想像する正義に服従しているのであって、法律の本質に服従しているのではない。』

 



↑ PAGE TOP