名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  > >  >

 

ガウディ『芸術作品とは、誘惑的でなければならない。また、オリジナルすぎても誘惑の度合いを失ってしまい、それは芸術作品ではなくなってしまう。』

ガウディ


スペイン画家 ガウディ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人が、そのものに対し、誘惑される瞬間は、どういうときだろうか。例えば買い物であれば、自分が欲しい物、カッコいい、可愛いと思った物、好きな色、流行りの物等を見ると、妙に輝いて見え、そこに吸い寄せられるかのように誘惑されるわけだ。

 

では、オリジナルすぎると誘惑の度合いを失うということは、どういうことだろうか。フランスのモラリスト、シャンフォールは言った。

『人間の価値はダイヤモンドのそれと同じであって、大きさ、純粋性、完璧さの一定の範囲内では、値段が固定し、示される。が、この範囲を超えると値段がつけられず、買い手が決してつかない。』

 

ガウディに言わせれば、芸術はあくまでも目的は、『誘惑』することだ。人の心を妙に掴んで、離さない。つまり、まずの段階で『掴めない作品』は、芸術作品とは呼べないというのだ。

 

オリジナルにこだわりすぎるということは、(自分だけがこの価値をわかっていればそれでいい)という思いが込められているということであり、だとしたら、そこにあるのは『芸術作品(多くの人にとって誘惑的であるという条件を満たした物)』ではないということになる。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

 

 

黄金律

『ダイバーシティ(多様性)があるのは良い。だが、個々各人の主体性が真理に則って成り立つ場合のみ、そこにダイバーシティがある。』

 

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

 

 

ガウディ『芸術作品とは、誘惑的でなければならない。また、オリジナルすぎても誘惑の度合いを失ってしまい、それは芸術作品ではなくなってしまう。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『創造的たろうとして、脇道に逸れてはならない。通常なされていることを観察し、それをよりよくしようとして努力すればそれでよい。』

 

『物事を上手くやる為に必要な事。第一に愛、第二に技術。』

 

『全ては、自然が書いた偉大な書物を学ぶことから生まれる、人間が造る物は、既にその偉大な書物の中に書かれている。』

 

『サグラダファミリアの工事はゆっくり進むんだ。私のクライアントは別に急いでないからね。』

 

『役に立たない人なんていない、ということを覚えておかないといけない。たとえ同じ能力がなくても、誰だって役に立つんだ。』

 

『何千年も前からハエは飛んでるけど、人間が飛行機を作ったのはつい最近になってからだ。』

 

『人間の作るものが神を超えてはならない。だからサグラダファミリアは高さ170mで、ムンジュイックの丘より3m低くなっている。』

 

『私の親友たちは死んでしまった。私には家族も、客もいないし、財産もなにもない。だから私は大聖堂(サグラダファミリア)に完全に没頭できるんだ。』

 



↑ PAGE TOP