『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ガウディ『芸術作品とは、誘惑的でなければならない。また、オリジナルすぎても誘惑の度合いを失ってしまい、それは芸術作品ではなくなってしまう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人が、そのものに対し、誘惑される瞬間は、どういうときだろうか。例えば買い物であれば、自分が欲しい物、カッコいい、可愛いと思った物、好きな色、流行りの物等を見ると、妙に輝いて見え、そこに吸い寄せられるかのように誘惑されるわけだ。では、オリジナルすぎると誘惑の度合いを失うということは、どういうことだろうか。フランスのモラリスト、シャンフォールは言った。

 

ガウディに言わせれば、芸術はあくまでも目的は、『誘惑』することだ。人の心を妙に掴んで、離さない。つまり、まずの段階で『掴めない作品』は、芸術作品とは呼べないというのだ。オリジナルにこだわりすぎるということは、(自分だけがこの価値をわかっていればそれでいい)という思いが込められているということであり、だとしたら、そこにあるのは『芸術作品(多くの人にとって誘惑的であるという条件を満たした物)』ではないということになる。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

同じ人物の名言一覧