名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

鈴木敏文『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。』

鈴木敏文


日本実業家 鈴木敏文画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。未来から現在を思い描くことで、顧客は次はどんな新しいものを求めるか、潜在的ニーズを察知し、いち早く応えていくことができるのです。』

 

ビジネスの話だ。それも最前線。例えばここに、イギリスの政治家、ボールドウィンのこの言葉、

『人間、志を立てるのに遅すぎるということはない。』

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    鈴木敏文の言葉を自分のものにする



    あるいは、ジョージ・エリオットのこの言葉、

    『なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはないの。』

     

    こんな要素を付け加えるのであれば、また内容は変わってくる。しかし、まるで時速300km以上出ている大型船の船長を務めているという状態で、一つ舵取りを間違えたら、岩礁に衝突し、座礁してしまうという緊張感の中、大企業病に陥り、傲慢不遜になって、のんべんだらりとふんぞり返っている様では、その船の船長は辞めた方が良い。

     

    『戦っている』のだ。戦艦なのだ。

     

     

    戦艦がその速度で走行しているのだ。

     

    『先行者利益』について考えただけでも、先見の明とスピードが勝負だ。その船に乗っている以上、油断して良い瞬間などない。

     

    宗教家、御木徳近はこう言った。

    『「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが、「君は一体人生を何だと思うか」と反問したい。努力して、創造していく間こそ、人生なのである。』

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

    取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    鈴木敏文『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

     

    『変化はチャンスになる。工夫次第で成長は可能だ。』

     

    『売り手はとかく、「競争相手に負けない商品をつくる」といった発想をしてしまいがちです。しかし、それを買う顧客にとっては、何の意味もありません。』

     

    『逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。』

     

    『消費者と向き合う仕事において忘れてならないのは、今は価格ではなく、質を競争する時代に入ったことです。』

     

    『石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。』

     

    『顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。』

     

    『トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、 もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。』

     

    『同じ「気温20度」でも、真夏と真冬では感じ方がまったく違ってくるように、 数字は見方次第でいくつもの読み方ができます。』

     



    ↑ PAGE TOP