名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

エドマンド・バーク『われわれが人間の心に発見する最初にして、最も単純な感情は好奇心である。』

エドマンド・バーク


イギリス哲学者 エドマンド・バーク画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


確かに赤ん坊を見ていると、もちろん最初に泣きわめき、安堵して乳を飲む姿を確認するわけだが、喜怒哀楽といった感情で考えた時、彼ら、彼女らは、決して『悲しいから泣く』のではない。

 

『怒っているから物を投げる』のではない。『喜ぶ、楽しむ』といった感情は、確かにユラユラさせたり、音の出るおもちゃを持たせれば確認できるが、その『喜ぶ、楽しむ』もっと前に沸き起こっている感情は、『好奇心』だ。

 

 

彼ら、彼女らに『恥ずかしい』という感情が植えつくのはもっと後である。それが植えつくと、それを理由にして上の写真の様な行動を取らなくなる。特に、人が周囲にいることが分かっている場合は、尚のことそうだ。

 

ある脳科学者は、

『人間の脳が、人生の最後の最後というシーンまで活動している機能は、ものを見て、(綺麗だな)と思う機能だ。』

 

と言う。

 

 

だとしたら人間は、この世に『綺麗なものを探すために、生まれて来た』のだ。

 

生命、草花、夜空、ネオン、花火、ドラマ、我々が無意識に引っ張られている、それらの『綺麗なもの』。

 

害虫、疫病、排泄、裏切り、不正、戦争、欲望、我々が無意識に毛嫌いする、これらの『汚いもの』。

 

これらを『綺麗、汚い』と認識して、毛嫌いし、あるいは引き寄せられる理由は、我々人間が、この世に『綺麗なものを探すために、生まれて来た』からなのかもしれない。

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

4.『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。


>>続きを見る

 

 

黄金律

『『命を使い切る』ということは、無理をすることでも、無茶をすることでもない。自分に与えられた天分を100%全うするということなのである。』

 

 

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『ダイバーシティ(多様性)があるのは良い。だが、個々各人の主体性が真理に則って成り立つ場合のみ、そこにダイバーシティがある。』

 

黄金律

『人間には心がある。心があるから人間なのだ。』

 

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

 

 

エドマンド・バーク『われわれが人間の心に発見する最初にして、最も単純な感情は好奇心である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『ものごとには限界というものがあって、我慢が美徳でなくなるときがある。』

 

『祖先を顧みようとしない人々は、子孫のことも考えまい。』

 

『決して絶望してはいけない。仮に絶望するような事態になったとしても、そこから始めればいい。』

 

『模範こそ人間の唯一の学び舎である。人はその他の方法では学べない。』

 

『読書して考えないのは、食事をして消化しないのと同じである。』

 

『困難は厳正なる教師である。』

 

『教育は国民の安価な防備である。』

 

『変革の手段を持たない国家は、自己保存の手段も持たない。』

 

『民衆は情熱から蜂起するのではなく、苦痛の焦慮(しょうりょ)から反旗をひるがえす。』

 

『国家あるところに戦争は絶えない。』

 



↑ PAGE TOP