名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ヴォーヴナルグ『我々は、我々自身を冷笑しないために、自分以外のものを冷笑する。』

ヴォーヴナルグ


フランスモラリスト ヴォーヴナルグ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ヴォーヴナルグはこうも言った。

『人は大きな計画を軽蔑する。その計画を大成功させることが、自分にはできないと感じるときに。』

 

そこにも書いたが、セブンアイホールディングス会長、鈴木敏文は言った。

『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

 

まさに、もう答えは出ている。

 

つまり、人が過剰に自己防衛し始めるのを見かけたら、それは『防衛しなければ自分の身が危うい』と認知した証拠だ。もし、自分の身の回りで、人一倍人の悪口を言ったり、揶揄・批判を繰り返したり、噂話を流したり、陰口を言ったり、揚げ足を撮ったり、足を引っ張ったりすることを考える人がいるなら、その環境はあまり、すくすくと芽が育つ土壌には向いていない。

 

いや、むしろ向いているか。

 

何しろ、コンクリートで塗り固められた場所から自力で這い出る芽の強さは、尋常ではない。

 

 

私がかつていた場所も、そういう場所だった。今、私は反骨精神とエネルギー源に溢れている。それは、かつてコンクリートで埋められた経験を持つからだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ヴォーヴナルグ『我々は、我々自身を冷笑しないために、自分以外のものを冷笑する。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

同じ人物の名言


『本当に自信のある人間は泰然として、人が彼をどのように評価するか、などということにはあまり気をとられないものである。』

 

『魂の最も高度な完成は、人を楽しませることができるということにある。』

 

『高慢は弱者の慰めの手段である。』

 

『革新するのがあまりにも難しい場合、革新が必要ないという証拠である。』

 

『ヒロイズムは虚栄と相いれない。また、ヒロイズムと虚栄は同じ原因と結果を持たない。虚栄が大きければ、それだけ栄光から与えられる愛は小さい。』

 

『うそつきは、あざむく術を知らない人である。へつらう人間は、愚かな人々のみをあざむく人である。』

 

『平等は自然の法則ではない。自然はなにひとつ平等なものをつくってはいない。自然の法則は服従と隷属である。』

 

『浪費とは、貧者が物惜しみしないことを言う。』

 

『哲学とは、ある種の人々が大衆を馬鹿にするために装う古い流行である。』

 

『我々に「人から尊敬される価値がある」という自信がもっとあったなら、人々の尊敬を得ようという野心をそんなに持たないだろう。』

 



↑ PAGE TOP