名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

鈴木敏文 名言/格言

鈴木敏文

 

鈴木敏文とは(画像

日本実業家。セブンアイホールディングス会長。生誕1932年

 

 

スポンサーリンク

 

鈴木敏文の言葉

 

『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

坂本龍馬は言う。『世の人は、我を何とも言わば言え。我が成すことは我のみぞ知る。』

>>続きを見る

 

『変化はチャンスになる。工夫次第で成長は可能だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

つまり、よく『ピンチはチャンス』と言うが、あれの実態の話である。以前、その言葉の意味を理解していない人間が、

>>続きを見る

 

『流れに乗って、変化を先取りしていくことが重要だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

こう簡単に言うが、これが簡単に出来る人間は少ない。何しろ、いたら『成功』しているからだ。

>>続きを見る

 

『スーパーも百貨店も、昔からのやり方に慣れ切っている。社風を変えようと口で言うのは簡単だが、無理しないと変えられない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

昔からのやり方に慣れきっているのは、何もスーパーや百貨店だけではない。学校、部活、部署、家庭、人間関係が存在していて、時間が少しでも経っている場所なら、そこには必ず『慣習』が存在している。

>>続きを見る

 

『市場の空白地帯を探り続ける。顧客から変わらぬ支持を得るには、その努力が不可欠なのです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『誰も使っていないということは、無限の市場があることだ。』市場には『レッドオーシャン』と

>>続きを見る

 

『顧客に新しいものを提供する。私の頭のなかにあるのは常にそのテーマです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

鈴木敏文はこうも言った。『市場の空白地帯を探り続ける。顧客から変わらぬ支持を得るには、その努力が不可欠なのです。』

>>続きを見る

 

『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。未来から現在を思い描くことで、顧客は次はどんな新しいものを求めるか、潜在的ニーズを察知し、いち早く応えていくことができるのです。』

>>続きを見る

 

『売り手はとかく、「競争相手に負けない商品をつくる」といった発想をしてしまいがちです。しかし、それを買う顧客にとっては、何の意味もありません。』

 

カテゴリー:仕事/経営

いや、『結果的に』、それが顧客にとって『良いサービス』になることはある。だから一概には言えない。しかし、ここで言われているのはそういうことではなく、

>>続きを見る

 

『逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『自己評価が高くても、顧客の満足を得られなければ、単なる自己満足にすぎない。逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。』

>>続きを見る

 

『消費者と向き合う仕事において忘れてならないのは、今は価格ではなく、質を競争する時代に入ったことです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

質を評価するようになった消費者心理を考えてみるとき、その前に、逆にそうではなかった時代を考えてみる。そうすると、そこにはあまり『選択権のない消費者』が垣間見えることになる。

>>続きを見る

 

『石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

セブンイレブンの平均日販の高さは、基礎からの積み上げと未来を起点にした発想の産物にほかならないということです。』

>>続きを見る

 

『顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。』

 

カテゴリー:仕事/経営

それは、同じことをしたほうが楽だからです。結果、顧客に飽きられる。どの局を見ても同じような番組が流れるテレビ業界などはその典型でしょう。』

>>続きを見る

 

『トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、 もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。』

 

カテゴリー:仕事/経営

上質さか、手軽さかのトレードオフの場合、上質さなら上質一辺倒ではなく、そのなかにどれだけ手軽さをちりばめるか、逆に手軽さなら手軽さ一辺倒ではなく、どれだけ上質さをちりばめるか、そこに価値が生まれます。

>>続きを見る

 

『同じ「気温20度」でも、真夏と真冬では感じ方がまったく違ってくるように、 数字は見方次第でいくつもの読み方ができます。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『同じ「気温20度」でも、真夏と真冬では感じ方がまったく違ってくるように、数字は見方次第でいくつもの読み方ができます。そこで仮説を立てることによって、数字の持つ意味が明確になり、それが次の仕事につながる。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP