名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

スピノザ『神を畏れるは知識の始めである。』

スピノザ


オランダ哲学者 スピノザ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


まず、『神』という言葉が出ている時点で、雲行きが怪しい。唯一神なのか、ブッダなのか、八百万の神なのか、ゼウスなのか、至る所に神々がいて、混沌としている。争いの原因にもなっている。事実、キリスト教徒がイスラム教の預言者、ムハンマドを侮辱し、アメリカの要人は殺害されている。

 

 

こういうことが起こると、もはや神もクソもないような印象が強く残ってしまう。 フランスの哲学者、パスカルは言った。

『多くの宗教家が互いに相反しているのをみる。だから、ひとつを除いて、他はみな虚偽であるどの宗教も、それ自身の権威に基づいて信じられることを欲し、不信仰者をおびやかす。』

 

今、『神』の名前は廃れ、混沌としている。

 

しかし、そこはよく考えたい。そもそも『神』というこの言葉は、『日本語』である。だとしたら、極めて限定的な言葉で、これが一体、世界に通用する普遍的なものの場合、なにに当てはまる言葉なのだろうか。

 

私が数千を超える偉人の言葉と向き合って内省し、捻出した言葉に、こういうものがある。

 

『神=愛=真理』である。

 

それらは、『=である』という図式が、強く頭に浮かんだのである。もし、その図式が正しいものなのであれば、スピノザの言葉は、急に説得力が出て来る。

 

『愛』や『真理』なら、未だに廃れていない。それを、『畏れる』、つまり『かしこまる』ということは、それを前にしてへりくだり、(かなわないなあ)として、謙譲することである。

 

フランスの哲学者、シモーヌ・ヴァイユは言った。

『純粋に愛することは、へだたりへの同意である。』

 

人間は、真理の圧倒的存在や、愛への忠誠心は強いのである。それと『=』するというのであれば、『神』という言葉にも、後光が差してくる。

 

かくのごとく、それらは『中心』である。『上』ではない。

 

 

そこから逸れれば逸れるほど、虚無に近づく。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

スピノザ『神を畏れるは知識の始めである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『自分にできないと考えている間は、本当はそれをやりたくないと心に決めているのだ。だからそれは実行されはしない。』

 

『幸福は徳の褒賞ではなくて、徳そのものである。』

 

『ありあまるほど自由な時間のある人間は、たいてい悪いことを考えるものである。』

 

『自由な人が考えるのは、ほかならぬ死についてである。そして彼の賢明さは、そこから死ではなく、生について熟慮を始めることだ。』

 

『感情のままに左右される人間は、自分自身の主人ではなく、偶然の力に支配される。』

 

『自分を卑下することは、自分を他人より劣ると信じる間違った考えから生まれる悲しみである。』

 

『ひとつのものが同時に善であったり悪であったり、そのいずれでもなかったりすることがある。たとえば、音楽は憂鬱な人には善であるが、喪に服している人には悪であり、耳の聞こえない人にとっては善でもなく悪でもない。』

 

『すべて存在するものは神の裡にあり、神なくしては何者も存在しえず、また理解もされない』

 

『賢人の仕事は、いかに死ぬかではなく、いかに生きるかにある。』

 

『運命とは、受け入れるべきものではない、それは自ら選び創り出すものだ。』

 

『生活は生命の瞑想であって、死の瞑想ではない。賢者が問題を考えるなかで、死を考える時間はもっとも少ない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP