名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

シモン・ボリバル『私は、無駄な骨折りをしてきた。イエス・キリスト、ドン・キホーテと私、三人は歴史において最大のたわけものであろう。』

シモン・ボリバル


ベネズエラ革命家 シモン・ボリバル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『ドン・キホーテ』というのは、セルバンテスが書いた小説の主人公だ。しかしその影響力はとてつもないもので、その本は、聖書の次に世界的に出版されている本として、その名を轟かせているのである。

 

不思議なことに、ここに『聖書』というキーワードが出て来た。 その聖書の主人公は、『イエス・キリスト』である。

 

福音書と旧約聖書はさておき、『新約聖書』に至っては、ペトロと並んでイエスの代表的な弟子とされている、パウロが、イエスが十字架に磔にされて死んだその日を、『神との新しい契約』と解釈したところから始まった書物である。

 

 

実際には『ナザレのイエス』というキーワードがチラつく事実があるわけだが、その真偽は置いておいたとしても、ここに共通しているのは、

 

『おとぎ話の様に雲をつかむような規模の大きさ』

 

である。

 

『解放者(El Libertador) 』という異名を持つシモン・ボリバルは、ベネズエラ、大コロンビア、ボリビア、そしてペルーの大統領を務めるという、圧倒的な偉業を成し遂げているわけで、確かに、その規模の大きさは、トップクラスである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

16.『持つべき愛国心の『国』は国家のことではない。『地球』のことだ。

『愛国心』という言葉も、国家も言語も、全て人間が決めたことだ。では、その『人間』とは、どういう存在なのか。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

シモン・ボリバル『私は、無駄な骨折りをしてきた。イエス・キリスト、ドン・キホーテと私、三人は歴史において最大のたわけものであろう。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『最大の背信は、忘恩である。』

 

『エネルギーのない所に功績は光らない。強さのない所に徳はなく、勇気のない所に栄光はない。』

 

『栄光とは命令することではなく、偉大な善徳を実践することである。』

 

『私は人民に選ばれた指導者よりも、指導者を選んだ人民の方に千倍もの信頼を置いている。』

 

『私は自由と栄光を求めてきて、両方を手に入れた。だから、もうこれ以上の望みはない。』

 



↑ PAGE TOP