名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

コペルニクス『地球の可動性を禁じるものは、何も無い。』

コペルニクス


ポーランド天文学者 コペルニクス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


今言うのは簡単だが、この時代にそれを主張するから、この言葉が力強い異彩を放ち、こうして後生に残っている。

 

ガリレオもその後にこう言っている。
『聖書は我々にいかに天へ行くかを教える。いかに諸天体が動くかを教えるのではない。』


例えば、ガリレオコペルニクスが『地動説』を説くまでは、キリスト教で信じられていた『天動説』が主流だった。

 


画像

 

しかし真実は、『地動説』に近かったわけで、

 


画像

 

更には、地球も太陽も、宇宙の真ん中ではなかったのだ。しかし、この時代の人間は、『天動説を信じていた(間違った事実を、真実だと勘違いしていた)』のである。

 

 

しかしそれまでは、キリスト教徒によって、天動説の方が真実とされていて、それを否定したガリレオは、キリスト教徒から白い目で見られた。コペルニクスも、ガリレオが息をした100年前の時代にこう主張し、強い風当たりを食らった。

 

『偉大であるということは誤解されるということだ。』byエマーソン

Pythagoras was misunderstood, and Socrates and Jesus, and Luther, and Copernicus, and Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh. To be great is to be misunderstood....

(誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。 ソクラテスイエスルターコペルニクスガリレオ、 そして、ニュートンも誤解された。古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。 偉大であるということは誤解されるということだ。)

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

コペルニクス『地球の可動性を禁じるものは、何も無い。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『学者の仕事は、 神に許される範囲で真理を探究することだ。』

 

『思弁ばかりが十分で、理性が不十分であってはならない。』

 

『太陽は宇宙の中心であって不動であり、太陽の運動と見えるものは全て実は地球の運動である。』

 



↑ PAGE TOP