名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ブリュイエール『人生はそれを感ずる人間にとっては悲劇であり、考える人間にとっては喜劇である。』

ジャン・ド・ラ・ブリュイエール


フランス作家 ジャン・ド・ラ・ブリュイエール画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


主体的の対義語は、反応的である。主体的な人は、物事の常に主となって、自主・自立・責任をモットーに人生に前のめりに臨む人間である。

 

それに比べて反応的な人は、常に物事に反応していくことを良しとしている。人からの意見、会社からの指示、大勢の人の波に流され、今日も明日も、人生に『反応』して生きていく人間である。

 

ラ・ブリュイエールの言う『感ずる人間』がその『反応的な人間』のことだ。人生などというものに反応しているだけでは、

 

差別、貧困、格差、病気、天災、事故、犯罪、戦争、

 

戦争

 

これらについての結論は、どのようにして出すつもりだろうか。これらが起こるたびにいつも通り『反応』し、嫌な気分になったり、あるいは生きている意味を見失ったり。

 

だが、起きてしまうではないか。それを避けて通ることなど絶対に出来ない。

 

『考える人間』とは、主体的な人間。つまりこの人生に反応するだけに、甘んじない人間のことだ。 考えて、結論を出す。内省をして、自分と向き合う時間を作る。答えを出す。悟りを啓く。すると、自分が今こうして生きていることが、どれだけ希少で、幸運で、恵まれているかという結論に、たどり着くだろう。

 

下記の時間管理のマトリックスにおける『第2領域』に目を向けることができる人間は、主体的である証拠である。

 

マトリックス
画像

 

ブッダは言う。

『足りないと思う以上は、足りないのだ。』

 

人の10倍の速度で成長し、つまり10分の1の時間しか生きられない病を負った少女がいた。彼女はそれでも、人生を満喫した。大好きな動物と一緒に居られる、ペットショップで働いた。中国に居る同じ病を持つ男の子に、恋もした。

 

彼女の人生が『悲劇』?それは、この人生を考えていない証拠だ。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

ラ・ブリュイエール『人生はそれを感ずる人間にとっては悲劇であり、考える人間にとっては喜劇である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人が心から恋をするのはただ一度だけである。それが初恋だ。』

 

『醜い女はいない。ただ、どうすればかわいく見えるかを知らない女はいる。』

 

『我々は、我々の幸福を我々の外部、他人の評判のうちに求める。他人はみな軽薄かつ不公平で、嫉妬、気まぐれ、偏見に満ちていることを百も承知なのに、だ。』

 

『時間の使い方の最も下手なものが、まずその短さについて苦情をいう。』

 

『ゆうゆうと焦らずに歩むものにとって長すぎる道はない。辛抱強く準備するものにとって遠すぎる利益はない。』

 

『人間的に言えば死にもよいところがある。老いに決着をつけねばならないからだ。』

 

『人はくだらないとして礼儀作法をおざなりにするが、善人か悪人かを礼儀作法で決められることがよくある。』

 

『どんな秘密がばれるのも、罪は、だれかを信用してそれを話した人にある。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP