名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

武者小路実篤『僕が信用する人はどんな時でも、本音のあり場所を示す人だ。本当のことがわからない時は、わからないとはっきり言える人だ。』

武者小路実篤


日本作家 武者小路実篤画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


アドバンテージ(有利性)が損なわれることを意識して、見栄と虚勢に心を支配されている人間は多い。

 

ソクラテス言った。

ソクラテス

『知者だと思い込み、『無知の知』を知らない人は知恵を求めようとしない。』

 

しかしそれは、『無知の知を知らない』と公言しているようなものだから、直ちに止めた方が良い。『直ちに止めるべき』。そう言われたとき、反論せずに、素直にそれが出来る人間こそが、本当に賢い人間だ。

 

灯台は進路変更が出来ないのだから。

 

 

オーストリアの心理学者、アドラーは言った。

『扱いにくい相手とうまく付き合うには、相手が何とか自分を優秀に見せようとして、躍起になっていることを念頭に置くこと。その観点から相手と付き合ってみなさい。』

 

つまりその逆で、自分が人に信用してもらいたいのであれば、無知であることを知られないようにして、見栄と虚勢を張ることに躍起になることを、やめるべきなのである。

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

武者小路実篤『僕が信用する人はどんな時でも、本音のあり場所を示す人だ。本当のことがわからない時は、わからないとはっきり言える人だ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『この道より、われを生かす道なし。この道を歩く。』

 

『人は死ぬ瞬間までも、もしかしたら助かるかもしれないと空想し得る力を与えられている。』

 

『人間は神が創ったということは僕は信じられない。神が創ったものとしては人間は無情すぎ、不完全すぎる。しかし自然が生んだとしたら、あまりに傑作すぎるように思えるのだ。』

 

『金のある者は、金があるために不正をし、金のない者は、金がないために不正なことをする。』

 

『自分は、人生はむつかしく解釈するから、分からなくなるのだと思う。』

 

『自分の力に合うことだけしろ、その他の事はおのずと道が開けてくるまで待て。』

 

『友情の価値は、両方が独立性を傷つけずに付き合えるという点にあるのだ。』

 

『ものになるかならないかは、実に一寸したところで決まるのだ。昨日までものにならなかった人が、今日はちゃんとものになっていた、そういう事実を自分は何度か見た。』

 

『自分で幸福を感じている人は、それだけで満足し感謝するが、自分が幸福を感じないものは、他人に尊敬されたかったり、他人に報酬を求めたりする傾向になりやすい。』

 

『心の美しい者は、皆に愛されるのは事実である。そして恐らく運命にも愛されるであろう。』

 

『一から一をひけば零である。人生から愛をひけば何が残る。土地から水分をとれば沙漠になるようなものだ。』

 



↑ PAGE TOP