名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

マキャベリ『天国へ行く最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。』

マキャベリ


イタリア政治思想家 マキャベリ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


性格が極端な人は一発でわかる理論だ。真っ黒の反対が、真っ白。こういうイメージは、完璧主義で、そうと決めたらその色をとことん突き詰める、という極端な人間は、想像にた易い。

 

 

私がその代表的な人間だ。極端であり、完璧主義者である。例えば、『喧嘩をするくらいなら相手を殺す』と考える人間で、もちろん、今まで人を殺したことは無いが、だとすると必然的に『喧嘩もしたことが無い』ということになるわけだ。

 

その真偽はここに書く必要はないが、しかしどちらにせよそういう考え方が根付いていることは事実。だから、むやみやたらに喧嘩をふっかけるようなことは一度もしたことがない。何か外部の強制的な要因が加わって、やむを得ずそうなったことはあるかもしれないが、主体的にそうしたことはないのだ。

 

(殺すほど憎くはないからなあ)という良心の方が優位なのである。

 

(殴るってことは、相手が憎いということだけど、憎いなら殺せばいいわけで、というかそうしないと負の連鎖は永久に続くし、そういうことを考えた時、それだけのドツボに嵌るほどの大きな問題なのか、あるいは、殺したいほど憎いのか、ということを考えた時に、まあそこまでは憎くないし、それに捕まるし、相手もかわいそうだし)

 

などという方向の発想が頭をよぎり、最終的には、私の頭の中で処理されて事が穏便に終わる、というケースが、今まで数えきれないくらいあった。

 

それを短絡的に解釈した愚かな人間が、見誤り、一線を超え、永久的な確執状態に陥った人間も一人や二人ではないが、どちらにせよ私はそういう風に考える人間だから、『白と黒』の色の違いをハッキリ認識しているのである。

 

間違っても、中途半端に『灰色近辺』で処理しようとしない。相手が憎くて、殴り、それで気が済む、ということにはならない。もっと根本的に、前述したような考え方をするのだ。それが、極端な完璧主義者によくある傾向である。

 

 

だから、マキャベリの言うことがすぐにわかる。つい先日も、部下にこのように話したところだ。

 

『かつては真っ黒な時期があった。しかし、だからこそ今、真っ白でいられるのだ。その時、中途半端に灰色程度のことをやっていれば、今尚、その片鱗が残って、せいぜいライトグレー程度にしかなっていなかった。つまり、真っ黒が何であるかを知っているからこそ、真っ白がなんであるかを知っているということ。知らない人間が、灰色がかった色になってしまうのだ。』

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

マキャベリ『天国へ行く最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『運命は我々の行為の半分を支配し、他の半分を我々自身にゆだねる。』

 

『天気のいい日に嵐のことなど考えてもみないのは、人間共通の弱点である。』

 

『たとえ人の生命を奪っても、財布に手をかけてはならぬ。人は父親の殺されたのは忘れても、財産の失われたことは忘れないからだ。』

 

『災いは最小限にくいとめられるなら、幸運とみなすべきだ。』

 

『人間は、内容よりも外見で判断しがちなものである。だれでも眼は持っているが、洞察の才を持っている者は稀である。』

 

『不正義はあっても秩序ある国家と、正義はあっても無秩序な国家のどちらかを選べといわれたら、私は前者を選ぶであろう。』

 

『謙譲の美徳を持ってすれば、相手の尊大さに勝てると信ずるものは、誤りを犯すはめに陥る。』

 

『好機というものは、すぐさま捕まえないと、逃げ去ってしまうものである。』

 

『衆に優れた人物は、運に恵まれようと見放されようと、常に態度を変えないものである。』

 

『相手を、どんなことにしろ、絶望に追い込むようなことは、思慮ある人のやることではない。』

 

『長期にわたって支配下に置かれ、その下で生きるのに慣れてしまった人民は、何かの偶然で転がり込んできた自由を手にしても、それを活用することができない。』

 

『中ぐらいの勝利で満足するものは、常に勝者であり続けるだろう。』

 



↑ PAGE TOP