名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

豊臣秀吉『金を溜め込んで使わないのは、良い侍を牢屋に入れておくことと同じ。』

豊臣秀吉


日本武将 豊臣秀吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


徳川家康織田信長と並ぶ三英傑。日本の戦国武将である。この言葉、秀吉が金銀を気前よく部下や民衆に与えるのはなぜかと家臣が聞いた時の言葉だという。秀吉は気前が良い武将であると同時に、敵だった武将を打ち負かした後、牢に押し込めておかずに自分の部下に登用するほどの器量を持っていた。

 

宝の持ち腐れ』とは、役に立つ物を持ちながら利用しないこと。あるいは、優れた才能がありながら発揮することがないことのたとえ。

 

確かに、あえて抜かない剣もある。だが、野ざらしにして雨で錆びたなまくら刀ならまだしも、研鑽に研鑽を重ねて研ぎ澄まされた伝家の宝刀は、使ってこそその真価を発揮する。

 

リソースとは、『資源』の意味で、(ヒト、モノ、カネ)のことを指し示すことが多い。そのリソースも、どこに『支点』を置き、どれだけ『入力』するかによって、『出力』に雲泥の差が出る。

 

大きな出力(結果)を生むために役立つリソースを持っているなら、それを使ってそこに入力し、効果を得て、それによって更にそのリソースに磨きをかけることもまた、押さえておくべく思慮の一つである。

 

出力

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

豊臣秀吉『金を溜め込んで使わないのは、良い侍を牢屋に入れておくことと同じ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『諸国が平和で静かによく治まっているように見えても、(中略)、長期陣営の心構えが大切である。』

 

『決してえこひいきなく道理にかなっていること道理にかなっていないことをさばき、たとえそれが兄弟や親族であろうとも、罪のある者は処罰せねばならない。』

 

『家康は愚か者だ。が、油断のならない愚か者だ。』

 

『人はただ、さし出づるこそ、よかりけれ 戦のときも先駆けをして』

 

『いくら謙信や信玄が名将でも、俺には敵わない。彼らは早く死んでよかったのだ。生きていれば、必ず俺の部下になっていただろう。』

 

『側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす。』

 

『障子を開けてみよ。外は広いぞ。』

 

『負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。』

 



↑ PAGE TOP