名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

マザー・テレサ『貧しくなりたいと願って、貧しい人と同じような生活をしながら、同時に高価な物を捨てきれないでいる人々がいます。これは、ぜいたくとしか言いようがありません。』

マザー・テレサ


マケドニア修道女 マザー・テレサ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『キリストは富んでいたのに、貧しい者となられました。富んでいたにもかかわらず、 貧しくなり、貧しく生き給うたキリストに倣いたいのなら、私達もまた、同じように生きなければなりません。

 

貧しくなりたいと願って、貧しい人と同じような生活をしながら、同時に高価な物を捨てきれないでいる人々がいます。これは、ぜいたくとしか言いようがありません。二つの世界の一番いいところを両方とも味わおうとしているのですから。』

 

 

まず考えたいのは、『キリストが生まれた2000年前』という環境と場所である。そこにいたとき、『裕福と貧しさ』があった。そしてキリストは『貧しさ』を取った。 それは一見すると、とても尊い行動に見える。『ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサ』いうフィルターを通して、尚の事その説得力は上昇する。

 

だが、その時代に生きた、遠い異国の人間がいる。キリストの手の届かないところで、理不尽に死んだ人や、贅の限りを尽くした人がいる。その時代に『裕福と貧しさ』があったのであれば、間違いなく他国でもそれがあったことになる。

 

では、キリストの一生について、他の国の人達は、まず、『知っていた』だろうか。

 

知らないのなら、知らない場所で、キリストがそうして、激動的な一生を送った。そのことを、まるで我々が遠い異国で起きた事件に無関心の様に、我々の国で起きた歴史的大震災のことを、

『ああ、あの津波があった国よね。』

 

と明らかに温度差のある声で言う遠い異国の人がいるように、その他国の人達には、キリストの一生は別に響かなかったはずだ。

 

そうなると、『キリストの独りよがり』だった可能性もある。別にキリストの一生は、『人間の模範かつ代表』だということにはならないのだ。

 

しかし、それ以外の人達に『人間の模範かつ代表』がいるとも私は思えない。もしいるとしたら、『四聖』に数えられる、


孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

のうち、誰かだという事はわかる。わかるが、私がまず引っかかるのは、冒頭にも書いたとおり『彼らの生きた2000~2500年前』という時代なのである。

 

普通に考えて、その時代に聖人君子が集まっている、ということはおかしい。

 

どう考えても、『記録と記憶がおぼろげな部分』であり、そこに『伝言ゲーム』的な意見のズレが重なり続け、ブッダは神格化され、ソクラテスは神格化されず論語読みの論語知らずが現れ、そしてあるいは、キリストの復活の話がまかり通ったのだ。

 

もし『記録に正確性が出てきてからキリストが復活した』ということであれば、私も信じただろう。そこを軸にして、この世を考える、信仰に敬虔な人間になっただろう。だが、

 

『見えているものがあるのに、見えないふりをして生きていくのは、盲信であり、現実逃避』だ。

 

聖書の知恵の書には、

『目に見えるものだけに囚われてはならない』

 

とあるが、別に私は『だけに囚われている』わけではない。見えないもの、例えば、酸素や、微生物、常在菌、ダークマターや、道路工事で殺されることを余儀なくされた昆虫や動物や、人の心や、本質や、真理といった『目に見えないもの』を軽んじていない。

 

昆虫

 

しかし例えば、『目の前で子供が車に惹かれそうになっている』のを見た時、

『目に見えるものだけに囚われてはいけません。あれは別に、幻か何かのケースも考えられます。』

 

と言っている様では、精神病院に入院する必要がある。

 

つまり、

『見えているものがあるのに、見えないふりをして生きていくのは、盲信であり、現実逃避』だ。

 

いや、このままだと10万文字くらいになってしまうので結論はここでは出さないが、しかし、義と利、人間は、そのどちらを追えばいいのだろうか。ここまで『お金』が浸透した中、それがあったら、人が死ななかったし、罪も犯さなかった、そういうケースが、腐るほどあったのだ。

 

人々を助けるために開発する薬も、そこにかける費用が必要であり、その為には事業をして、お金を集める必要があり、だとしたら、全ての人が『貧しさ』を追うようでは、『豊かさ』が実現しないのだ。

 

とにかく一度ここでやめておこう。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

マザー・テレサ『貧しくなりたいと願って、貧しい人と同じような生活をしながら、同時に高価な物を捨てきれないでいる人々がいます。これは、ぜいたくとしか言いようがありません。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

 

『ほうきを手に持って、誰かの家を綺麗にしてあげてごらんなさい。その方がずっと雄弁なのですから。』

 

『私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。』

 

『やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。』

 

『油を足し続けなければ、ランプは灯しておけない。』

 

『いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。』

 

『インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、幸せになれるのです。一方、ヨーロッパの貧しい人々は、自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。』

 

『それは確かにわずかでした。でも、彼の持ち物すべてだったのです。それは、私にとってノーベル賞以上の感動を与えてくれました。』

 

『仕事を祈りであるかのように続ければよいのです。』

 

『彼らが必要としているのは、あなた方の愛と親切なのです。』

 

『自分のことへの思いわずらいでいっぱいだと、他人のことを考える暇がなくなってしまいます。』

 

『富める国で中絶を合法化するところがあれば、その国は間違いなく、世界中で最も貧困な国です。』

 

『彼らの努力を、これら無防備の人々へのいくばくかの食物、避難所、医薬、衣類に振り替えられたなら、世界は必ずやより平和で、より幸せなものになることでしょう。』

 

『善い行いは、一つ一つ繋がって愛の鎖をつくってゆきます。』

 

『共に住む人々をよりよく理解するために、自分自身をまず理解することがどうしても欠かせないのです。』

 

『利己的な自分たちがそのような飢えと貧しさの原因なのだ。』

 

『ガンジーは、キリストのことを知った時、興味を抱きました。しかし、キリスト信者たちに会って、がっかりしたそうです。』

 



↑ PAGE TOP