名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

マザー・テレサ『仕事を祈りであるかのように続ければよいのです。』

マザー・テレサ


マケドニア修道女 マザー・テレサ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『生活の中にいろいろなことが入り込むので祈れない、という言い訳をする人たちがいます。そんなことはありません。

 

祈るために仕事を中断する必要はありません。仕事を祈りであるかのように続ければよいのです。大切なのは、神とともにあり、神とともに生き、神の御心を自分のものとして行うことなのです。

 

清い心で人々を愛し、すべての人、とくに貧しい人々を愛することが、間断ない祈りになるのです。』

 

まず、キリスト教徒ではない人は、

 

『神=愛=真理』

 

という図式を想像すれば間違いない。もし探求心が強いという人がいるならば、下記の記事を見ると更にその意味が理解できるだろう。

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

祈り=宗教

 

という図式になってしまうと、範囲が限定される。範囲が限定される教えなど、固執している。その様な偏った教えは、真の教えではない。全人間にとって普遍的な教えでなければならない。

 

『祈り』は、別に宗教儀式ではない、と言いたいのだ。キリスト教を強要され、親を死ぬほど憎んだ時期を経験した私が言っているのだ。これで十分だろう。

 

では、『仕事を祈りのように行う』というのはどういうことだろうか。それはもちろんまず、『祈る時間がない』と言い訳をする人に対し、『いや、食事や仕事等の生活習慣と同じように、生活習慣に組み込めばいいだけだ』ということではあるが、こういう解釈もできる。

 

(あの人たちは今どんな水を飲んでいるだろうか。あの人たちは今どんな苦労を強いられているだろうか。その苦労に比べて私の苦労はどうだろうか。その水に比べて私の水はどうだろうか。

 

子供達

 

良いんだろうか。これで良いんだろうか。何かできることはないのだろうか。何をすれば彼らの為になるだろうか。というか、彼らの為という考え方は、どこか人として越権行為ではないのだろうか。

 

この与えられた命の日数で、私は何が出来るだろうか。何をして、何を得て、何を食べ、何を見て、何を遺し、何を伝え、どんな人生を送ることが出来るだろうか。

 

あの宗教は正しいのだろうか。あの戦争は正しいのだろうか。世界平和は来ないのだろうか。

 

戦争

 

この仕事を続けていて、毎日に追われていていいのだろうか。自分の人生はこのままで、本当にいいのだろうか。

 

自分が出来ることは限られているなあ。自分が仕事をして納めた税金でどれだけ貢献できているかなあ。金持ちに比べたら塵の様な金額なんだよなあ。それでも意味はあるのかなあ。

 

でも、やるしかないよなあ。やれることをやるしかないんだよなあ。)

 

そうだ。それでいいのだ。

 

マザー・テレサは言った。

『私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。』

 

心の片隅にでも世界の平和を祈る心を置く。たったそれだけのことが、ひどく重要なのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

マザー・テレサ『仕事を祈りであるかのように続ければよいのです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

 

『ほうきを手に持って、誰かの家を綺麗にしてあげてごらんなさい。その方がずっと雄弁なのですから。』

 

『私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。』

 

『やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。』

 

『油を足し続けなければ、ランプは灯しておけない。』

 

『いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。』

 

『インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、幸せになれるのです。一方、ヨーロッパの貧しい人々は、自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。』

 

『それは確かにわずかでした。でも、彼の持ち物すべてだったのです。それは、私にとってノーベル賞以上の感動を与えてくれました。』

 

『貧しくなりたいと願って、貧しい人と同じような生活をしながら、同時に高価な物を捨てきれないでいる人々がいます。これは、ぜいたくとしか言いようがありません。』

 

『富める国で中絶を合法化するところがあれば、その国は間違いなく、世界中で最も貧困な国です。』

 

『彼らの努力を、これら無防備の人々へのいくばくかの食物、避難所、医薬、衣類に振り替えられたなら、世界は必ずやより平和で、より幸せなものになることでしょう。』

 

『善い行いは、一つ一つ繋がって愛の鎖をつくってゆきます。』

 

『共に住む人々をよりよく理解するために、自分自身をまず理解することがどうしても欠かせないのです。』

 

『利己的な自分たちがそのような飢えと貧しさの原因なのだ。』

 

『ガンジーは、キリストのことを知った時、興味を抱きました。しかし、キリスト信者たちに会って、がっかりしたそうです。』

 



↑ PAGE TOP