名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

武田信玄『自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。』

武田信玄


日本武将 武田信玄画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


例えば、ここにメーターがある。

 

 

左が体力がある状態、右がだいぶ疲労しきっている状態だ。これを二人の男の体力メーターだとしよう。

 

この二人の男(カラオケ好き)が、『往復8時間ほどの登山』をする。 どちらがこの『困難な試練』を優位にこなせるかどうかは、言うまでもない。

 

では次に、上のメーターが、『別に体力の疲労状態』を表すメーターではなく、『初期設定』のメーターだとした場合、左の方が体力があり、右の人は少し体を鍛えた方が良い、という人の場合で考えてみる。

 

彼らが『登山』に加え、

 

『リンゴを食べる』

『1時間マラソンをする』

『1時間カラオケで歌う』

 

カラオケ

 

というアクティビティをやるとなった場合どうなるか。どの順番でやれば『途中で挫折しない』だろうか。

 

この場合、別にリンゴを食べるのはいつでもいいので除外。従って、

 

登山⇒マラソン⇒カラオケ

 

という順番が、最も『途中の挫折』を最小限に抑えられる優先順位の付け方だ。

 

カラオケが好きなこの二人は、大好きなカラオケならいつでもいつまでも出来る。 だからそれは最後に持ってくるのが妥当だ。

 

1時間のマラソンも、別にタイムを図るわけではない。自分のペースで1時間走れば、5,6kmほどの距離を走るぐらいで済むだろう。

 

最も大変なのは、8時間の登山だ。これをもし最後に回すことになると、命の危険も危ぶまれる。やはり、この難関は、一番最初の体力がある状態で臨みたい。

 

しかし、健康的な『左の人』はそれでいいが、虚弱気味の『右の人』は、そもそもこれを全てこなせるだろうか。彼にとっては、左の人の疲労しきった状態と同じ体力で、一番最初の登山をしなければならない。

 

彼が軟弱なのは、普段から自分の好きな本ばかり読んで、身体を動かすことが苦手だったからだ。彼にとって最も『嫌なこと』は、『トレーニング』なのである。

 

従ってこうなる。

 

トレーニング⇒登山⇒マラソン⇒カラオケ

 

これならば、途中で挫折することは無い。もっとも、『最初で挫折』する可能性は、あるが。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

武田信玄『自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『我が国を滅ぼし、我が家を破る大将、四人まします。馬鹿、利口、臆病、そして四番目は強すぎる大将なり。』

 

『もう一押しこそ慎重になれ。』

 

『負けることのない戦いに負け、滅ぶことのない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、みなそのやり方が悪いためであると思う。』

 

『成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき。』

 

『渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。』

 

『およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。』

 

『我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。』

 

『三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。』

 

『組織はまず管理者が自分を管理せよ。』

 



↑ PAGE TOP