名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ロシュフーコー『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

ラ・ロシュフーコー


フランスモラリスト ラ・ロシュフーコー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人間は、次の年齢にバトンを渡す、リレーをしているのだ。

 

矢沢永吉は、

『20代で頑張った奴だけが、30代のプラチナチケットを手に入れられるんだ。』

 

と言ったが、事実、頑張らなくても一応はチケットが手に入るが、それは場末のバーか何かにあるステージの、立見席程度の物である。

 

チケット

 

『最高のプラチナチケット』を手に入れようではないか。その為には、次の年齢へと繋ぐその命のバトンを、全身全霊で受け渡すべし。

 

ロシュフーコーの言う様に、確かに『そのステージ』は初めてだ。だが、努力次第でその『スタート』が違うのだ。

 

 

ゲーテは言った。

『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

 

『無意識(惰性)』ではダメだ。『意識』し、人生に『主体的』になり、次の走者へと最高のバトンを繋ぎたい。

 

目は高く、頭は低く、心は広く。私なども、人から意見されるのが大嫌いな性格で、なまじ自分一人で努力してある程度のことはできてしまうから、どうしても協調性が持てずに傲慢不遜になりがちである。

 

孤独と孤高の違いを意識していることから、別にこれからもその他大勢の一人である反応的な人間とは意見が合うことはないが、傲慢不遜に陥るのは違う。『頭は低く』あるべきである。

 

そのためには、ロシュフーコーの言うようなことを理解していなければならない。どの分野においても自分は素人。つまり、あえて素人たる『アウェイ』の身に自分を置き、初心者であるべきだ。そうすれば傲慢不遜に陥る暇がない。

 

初心者

 

傲慢不遜に陥る人間は、往々にして『ホーム』でふんぞり返っている。自分の得意分野を武器にし、あるいは盾にして、自分と自分が今まで構築してきたものをひた守ろうとするのだ。

 

それではまだ甘い。私が見てきた自分を過信した人間は皆、ホームに甘んじ、アウェイから身を遠ざけ、ぬるま湯につかって『誤魔化している』人間だった。もちろん人は自分の選んだ道をわき目も振らずに邁進すればいい。だが、『ホームに甘んじる』のは違う。その道を極めて名誉を手に入れた人間も、傲慢不遜に陥って転落した人間は大勢いる。

 

『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

 

毎年どころじゃなく、毎日が勉強。素直にそう思う心を整えることが、人間としてあるべき姿である。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『大変という字は大きく変わると書く。大きな変化を自分に期待する人間が、大変な思いを避けてどうする。』

 

黄金律

『逆に、なぜ一本道だと思ったのか。』

 

 

黄金律

『いくら押しても開かないドアがあるなら、それは『引きドア』だ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

黄金律

『真っ白で、綺麗で、勝者でいられるって、そりゃあそうだろう。黒に触れなきゃ、白くいられる。』

 

 

 

 

ラ・ロシュフーコー『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言

『嫉妬は常に恋と共に生まれる。しかし必ずしも恋と共には滅びない。』

 

『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』

 

『人は、他人と違っているのと同じくらい自分自身とも違っている時がある。』

 

『死と太陽は直視することは不可能である。』

 

『大多数の若者は、そのぶしつけと無作法を、天真爛漫のつもりでいる。』

 

『人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、それほど幸福でもない。』

 

『友情のための最大の努力は、友人に我々の欠点を見せることではない。彼に彼の欠点を悟らせることだ。』

 

『うぬぼれというものがついぞなかったら、人生はてんで楽しくあるまい。』

 

『運命は理性の力では直せない数々の欠点を改めさせる。』

 

『洞察力の最大の欠点は、的に達しないことではなく、その先まで行ってしまうことである。』

 

『運も健康と同じように管理する必要がある。好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである。』

 

『情熱は、つねに人を説き伏せる無類の弁舌家である。』

 



↑ PAGE TOP