名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

徳川家康『大事を成し遂げようとするには本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。』

徳川家康


日本武将 徳川家康画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


キャズム理論がわかる本』にはこうある。

 

-------------▼

 

ホールプロダクトを一社ですべてまかなうことも考えられます。しかし、企業はコアに集中し、コンテクストをアウトソーシングすることが、 企業価値を高める上でも重要です。

 

コアとは、企業価値を上昇させるあらゆるものを指します。 それ以外がコンテクストです。ムーアは、コンテクストをアウトソーシングし、 企業の資源をコアに集中すべきだと説きます。したがって、コアの部分だけ自社でまかない、他をパートナー企業に任せてホールプロダクトを構築する方向を検討すべきです。これはすなわちバリューチェーンの構築に他なりません。

 

バリューチェーン

 

-------------▲

 

コアとは、『本筋』である。コンテクストとは、『本筋以外』である。日本一の将軍は、戦略のプロだった。だからコアを確実に押さえ、コンテクストよりも優先順位を引き上げていたのである。

 

そういう戦略的な発想を積み重ねると、確実に積み上がってくるものがある。その積み上げられたものはいずれ山となり、それを見上げる者が出て来ることになる。つまり、人間など最初からそういうものだ。山があるならそれを見上げ、谷があるならそこを見下す。

 

そもそも、この世にコアもコンテクストもない。全てが平等公正に、唯一無二の要素である。だが、それでも人間は愚かであり、そこに格差をつけたがる。するとそこには価値が生まれ、それによっては居心地が変わってくる。死ぬことすらある。

 

居心地

 

それであれば、人間にはやはり押さえるべきコアと、後回しにするコンテクストがある。コアに一点集中し、そこさえ押さえておけば、人間が定める『高い価値』を持った事実を積み上げることができる。

 

真理のレベルからみれば、そんなことは大したことはない。真理は徳川家康も、石ころも、全て平等公正の価値であると定める。だが、真理は言葉を発しない。そしてこの世には人間が作り上げた世界が存在する。

 

その人間が作り上げた世界で徳川家康という人間は、稀代の偉人となった。それは、彼が戦略的発想を持って人生を生きようと躍起になったからである。

 

一つだけ言えることは、むきになり、躍起になり、命を懸けないとできないことがあるということだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

29.『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。

孫子の兵法、『風林火山』の極意を見極めよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

徳川家康『大事を成し遂げようとするには本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『放っておけ。それより書いてある内容が見たい。予のためになるものもあるだろう。』

 

『人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。』

 

『はじめから主君に楯突こうと思っている者はいない。思い上がりと、恨みと、それから生じる欲心が謀反を起こさせるのだ。』

 

『一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんのくぼ」を見て、敵などに勝てるものではない。』

 

『諸人の頭などをするいまどきの者で、軍略を立てて床几に腰をかけ、采配を持つ手さえ汚さずに、口先だけで戦に勝てるものと心得ているのは、とんだ考え違いだ。』

 

『多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。』

 

『決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。』

 

『天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。』

 

『重荷が人をつくるのじゃぞ。身軽足軽では人は出来ぬ。』

 

『最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。』

 

『敵だというのも自制心を忘れた怒りである。』

 

『真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず。』

 



↑ PAGE TOP