名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

三木清『我々は愛する者に対して、自分が幸福であること以上の善いことを為しえるであろうか。』

三木清


日本哲学者 三木清画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『愛する者』を家族だとする。彼ら、彼女らに対して考え抜き、何をすることが最善かを熟慮し、葛藤し、出せる答えは、

 

『自分の事で悩ませないこと』。

 

心配かけない。不安にさせない。憂うべく状況をつくらない。浮気、不倫、事故、怪我、信仰、金銭面、仕事、健康、様々な面において我々は『権利』を持っているが、 愛する者を『悩ませない』為に、『義務』、あるいは『使命』としてそれを『支配』する。

 

こういう人間は、愛に溢れている。本当に対象者を、愛していると言っていいだろう。

 

私の両親はとても『惜しい』人たちだった。まだ母親は生きているが、彼らは我々子供のことを、たしかに愛してはくれているようだった。だから我々には家庭にあるお金の問題だったり、そういう細かい悩みの種は一切漏らすことはなかった。

 

子供

 

しかし私はそういうとき、常に二つの思いを抱いていた。一つはそのまま、その愛情をストレートに受け止め、有難いと思った。だがもう一つはその行為が、一方的で自分勝手に見えた。

 

その理由はおそらく、私の両親が『なんでもかんでも両親が決定権を握っている』という教育方法を採っていたことが原因だろう。例えばその中の一つに、『クリスチャンになることを強要する』という教育方法があった。

 

クリスチャン

 

しかし私は決してクリスチャンになるつもりはなかった。だが、そうすると力づくでもって、日曜学校に行かせようとしてきた。

 

私は両親を愛していた。それは、両親が確かに私を愛してくれていることがわかっていたからだった。だが、教養とは愛なのだろうか。クリスチャンになることは、本当に人間の最善の生き方なのだろうか。

 

そうだとしたらそれはそれで、仏教徒やイスラム教徒を含めた『間違った人』との問題をどうすればいいかという事実を突きつけられることになる。それを否定するとするで、今度は両親と理解し合うことができなくなる。

 

私の両親はとても『惜しい』人たちだった。彼らは確かに人を愛することの尊さを知っていた。だが、その『愛のカタチ』が一方的で偏っていて、少し歪んでいたのだ。

 

愛

 

彼らが『自分達はとても幸せだ。イエス様が罪を許してくださる。』と真顔で言うたびに、私と彼らとの心の距離は開いていった。

 

本当の幸福とは何だろうか。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

三木清『我々は愛する者に対して、自分が幸福であること以上の善いことを為しえるであろうか。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『感傷には常に何らかの虚栄がある。その2』

 

『虚栄心はあらゆる人間的なもののうちで、最も人間的なものである。』

 

『孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の『間』にある。』

 

『人生においては何事も偶然である。しかしまた人生においては何事も必然である。このような人生を我々は運命と称している。』

 

『幸福を武器として闘うもののみが斃れてもなお幸福である。』

 

『一つの所に停まり、一つの物の中に深く入ってゆくことなしに、如何にして真に物を知ることができるであろうか。』

 

『健全な胃を持っている者が胃の存在を感じないように、幸福である者は幸福について考えない。』

 

『言葉は空虚なもので、事実はつねに言葉よりも雄弁である。』

 

『秩序はつねに経済的なものである。最小の費用で最大の効果を上げるという、経済の原則は秩序の原則でもある。』

 

『人は敗北主義から独断家になる。』

 



↑ PAGE TOP