名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

アレクサンドロス三世『去る者は去れ。』

アレクサンドロス三世


マケドニア皇帝 アレクサンドロス三世画像


エジプトからインドにまたがる広大なマケドニア帝国を築いたアレクサンダー大王こと、アレクサンドロス。彼の東方遠征が結果的にギリシャ文化とアジア文化の融合を生み出したのだ。いわゆる、『ヘレニズム文化』である。

 

ちなみに、仏教において、

 

ブッダ

 

ブッダ

 

つまりゴータマ・シッダールタは、『偶像崇拝をするな』、つまり、『特定の個人を崇拝するようなことをするな』と言って諭した。そしてその教えはシッダールタの死後、数百年間において、守られてきた。

 

しかし、このヘレニズム文化によってギリシャ文化とアジア文化が融合したことにより偶像が出来てしまった。これが仏像の起源であると考えられている。

 

アレクサンドロスのその道のりは単調なものではなかった。遠征中に、『アレクサンドロスが帰国する』というデマが兵士の間に広がった。長い遠征に疲れていた兵士たちはそれを聞いて大喜びした。だが、世界帝国建設を目指していたアレクサンドロスは、帰国どころか、まだまだ東へ行くつもりだった。

 

アレクサンドロスは、疲弊した兵士たちに言った。

『去る者は去れ。たとえ少数でも、その意思のある者と共に、私は遠征する。』

 

それを聞いた兵士たちは心を打たれ、大王と共にどこまでも行くことを決意した。それが、大きな結果を生み出したというのである。

 

『諦める』のは、簡単だ。長い道のりを歩くか、諦めて横に寝そべるか、誰がどう考えても、どちらが”楽”な選択肢なのかは、明白だ。だが、”楽しい”道とは、どちらだろうか。

 

このたった一度の人生において、 ”楽”と”楽しさ”、我々はどちらの道を選択することが、求められているのだろうか。

 

人生なんていつでも終わらせることが出来る。それならいっそ、一度死んだつもりで、残りの人生を存分に生き貫いてみてはどうだろうか。

 

『命を使い切る』。

 

こういう考え方で生きる人生こそ、生きがいのある、悔いのない人生だ。

 

立ち向かう

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

アレクサンドロス三世『去る者は去れ。』



↑ PAGE TOP