『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『本当はわかっているはずだ。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

人は天気を予測して、強い衝撃を受けたら死んでしまうことを理解し、努力し、苦労した後に摂る食事の有難さ、厳冬に入る風呂や寝床の暖かさや、真夏に入る海や、冷たい飲み物のうまさを知っている。そんな風に人は、この世の気配や、何が起きて、何が楽しいのか知っているのに、何が本当に正しいのか、どうしてかわらないのだろうか。

 

本当はわかっているはずだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
ルカによる福音書 第12章。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』 『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧