『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『真理・法則よりも重んじることがあってはならない』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

ソクラテスも全く同じことを言う。

『子供をも、生命をも、その他のものをも、真理以上に重視するようなことをするな。』

 

四聖の言葉を注意深く見ていると、言い方、表現が違えど往々にして彼らが同じことを突いていることに気が付く。今回のブッダ(仏典)の言葉で考えたとしても、『人を非難したり、称賛する』のではなく、『真理に則って、語れ』ということなのだ。

 

そういう考え方であれば、人を差別しない。人が過ちを犯しても、人を憎まず行いを憎み、人が輝かしい功績を残しても、それに目が眩んで軽薄な態度を取ることもない。真理に背いていればそれを嗜め、真理に従っていればそれを敬う。どちらにせよ、『人を』見て判断してはならないということだ。

 

見るべきなのは『真理・法則・原則』、ときに『神』である。人は真理の前には平等なのだ。同じ時を生きる人間同士、いがみ合わずに生きていくためには、人が皆このことについて、理解することが必要だ。

 

もっとも、長い時間をかけてもいまだにそれが出来ないのが、人間が愚かな生き物である証拠。しかし、我々にそれらの『光』を見出し、人々を導く為に叡智ある指導者や賢者が残した、人類の資産、知恵がある以上、世界平和が訪れる可能性は、十二分にあるのだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
中部経典『無諍分別経』。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧