名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『親が子を庇って何が悪い。もちろん、「庇う」という言葉の意味を、知っている。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

例えばソクラテスは、

『子供をも、生命をも、その他のものをも、真理以上に重視するようなことをするな。』

 

と言って、子供よりも家族よりも、『真理』のみを重視せよと言った。これは考えれば当たり前で、例えば自分の子供が、『無差別連続殺人及び、無差別連続強姦魔』であれば、親はどうしたらいいだろうか。

 

親の下へ駈け込んで来た。

『たすけて!母さん!いつもみたいにさ!庇ってよ!ね!』

 

最愛の一人息子だ。そして実は、その前に一人子供が居て、早くに亡くなっていたのだ。その時に母は、強く決意した。

(次に産まれた子を、この子の分まで愛そう。)

 

だが、その結果がそれだ。

 

いつも庇ってあげていた。お金で解決できるならするし、権力も多少持っていたから隠蔽出来た。

 

だが、その結果がそれだ。歪曲した愛情を注いでいたのだ。

 

『殺された、強姦された、被害者、被害者の家族の人生は?』

 

どうするつもりだろうか。そこまで考えたら、ソクラテスの言葉の意味もわかるだろう。その場合、親は何をすればいいだろうか。

 

『愛している』?

 

そんなのは誰でも同じだ。育児と教育は違うのだ。

 

孔子が言うのも同じだ。親は子を庇う。子は親を庇う。そういう人間の感情は、あって当たり前だと言っているだけだ。

 

ただ、『育児と教育が違う』ように、状況によって『教育』が、警察に突き出して一生刑務所に入れるということもあるだろう。それを強制的にではなく、親の、自分の意志で決断する。それは容易ではないが、それが『庇う』ということだ。

 

『庇う』というのは、助け、守るという意味。そういう究極的な場面で考えるなら、それ以上罪を重ねないように、子を守る為に、刑務所や精神病棟に隔離する決断をするのだ。

 

『庇う』というのは『隠蔽する』という意味ではない。それがわかれば、まず十分だろう。

 

後はここで考えた最悪のケースにならないように、真の愛情でもって『教育』の使命を全うすればいい。全ての親が、教育という愛情を全うする使命があるのだ。

 

 

参照:孔子曰わく、吾が党の直き者はこれに異なり。父は子のために隠し、子は父のために隠す。直きことその中にあり。

(子路第十三-十八)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

孔子『親が子を庇って何が悪い。もちろん、「庇う」という言葉の意味を、知っている。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『肩書など無意味だが、大きな効果があることは確かだ。』

 

『自分の部下が、なぜ「部下」であるかを考える度量を持て。』

 

『高学歴者を見ていると、学歴などない者のほうがマシだと言いたくなることがある。』

 

『同調と調和は違う。その違いを知らないだけで、圧倒的に不利な人生を強いられるだろう』

 

『馬鹿な上司を”喜ばせるのは簡単”だが、”仕えるのは難しい”だろう』

 

『人を使うときは、使われる人の気持ちを軽んじるな。』

 

『人生は”規則的な階段”ではない。”不規則”な階段なのだ。』

 

『指導者の責任は重い。それは、使命を負っているに等しい。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP