名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『自分は本当に支配していると思うか。支配されているのではなくて?』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

自分が思慮深く考えたつもりでも、実際にその『考えた頭と心』が間違っていたらどうしようもない。そう思わないだろうか。

 

私の周りには、さぞ順風満帆に権力や財力を手に入れ、あたかも日々忙しく、正業をしている様に装っている人間が大勢いるが、実際は正業ではない。正業ではないのに、自分の人生が順風満帆にいっている様にふるまっている。

 

私なら、それに恥を知る。私なら、その金で最愛の家族や子孫を、養いたくない。事実、数年前に恥を知り、道を改めたのだ。それもそのはず、私は思慮浅かった。それに何より、その『私』が未熟だったのだ。

 

つまり、『未熟な人間』が『浅い思慮』でもって人生を生きていて、仕事から人間関係から何もかもに携わっていた。それでいいわけがないだろう。

 

もし自分の人生が『思い通りにいかない』と思っているのであれば、そもそも『思い描く自分』がまず正しい魂を持っているかどうか、問いただすと良い。

 

例えば、『拝金主義者』ではないか。『傲慢不遜』ではないか。『自分本位』ではないか。『歪曲した愛と倫理感』を抱いていないか。そうであれば『思い通りにいかない』に決まっているだろう。いったとしてもそれは一時的だ。すぐに膨張は、破裂する。

 

何しろ『歪曲している』のだ。捻じ曲がっている。必ずその曲がり道のたびに、衝突するだろう。支配者を装うことに酔いしれ、実際は自分の強欲に支配されていた、ということがないように注意した方が良い。

 

 

参照:『シラの書 第37章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

キリスト『自分は本当に支配していると思うか。支配されているのではなくて?』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『人に倣う必要はない。たった一度の自分の人生を大切にせよ。』

 

『金を憎む?崇める?…いや、まだあるはずだ。』

 

『情報など普通、歪曲している。それを安易に鵜呑みにするな。』

 

『良い顔をしている人間は、心が良いのだ。』

 

『快楽に克てるか。克てないなら、その分のしっぺ返しを覚悟せよ。』

 

『嫉妬するほど愛が深い?何か勘違いしていないだろうか。』

 

『どんな豪華な贈り物よりも、相手を想った言葉という贈り物より、貴い物はない。』

 

『神が人の平和を叶える?なぜそんなことをしなくてはならない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP