名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『悔いのない人生を。だがもし悔い、改めるのなら、許される。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

悔いのない人生を生きなければならない。人間が人生の黄昏時に振り返って悔いを残すのは、『負ってきたあらゆるリスク』ではない。

 

『避けてきたあらゆるリスク』、『掴まなかったすべてのチャンス』、『言わなかった自分の意見』である。悔いのない人生を生きるということは、そういうことだ。あと一歩だけ勇気を振り絞り、自分の人生を生き貫くということだ。

 

 

だが、もしこの人生で後悔することをしてしまっても、心の底からそのことについて、悔い、改めるのであれば、絶望に陥る必要はない。人間は過ちを犯すものだ。

 

それは、あらゆる環境の条件がいくつも交差することが関係していて、本来の人間自身には、何の罪もない。別の誰かが自分と『全く同じ環境』だったなら、その誰かも、自分は『全く同じ行動』を取っていた。そういうものなのだ。

 

『何の罪もない人間』を例えば、『猟奇的な異常殺人者』ではなく、『赤ん坊』で考えてみればわかるだろう。皆、納得するはずだ。人は皆、赤ん坊のようなものなのだ
それが『環境』によって、罪へと導かれてしまうだけなのだ。

 

そういうことを考えたとあと、いよいよ本当は最初から、『欲望を持って生まれた全ての人間は、罪深い生き物なのだ』ということを知る。『赤子の無実』を知り、『人間の罪』に気づき、それらのことについて思慮深く考えたというのなら、人間に与えられた試練を、必ず乗り越えられるだろう。

 

 

参照:『コリント人への第二の手紙 第7章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

キリスト『悔いのない人生を。だがもし悔い、改めるのなら、許される。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『どうせ種を蒔くなら、惜しみながらではなく、惜しげもなく蒔け』

 


広告

 

↑ PAGE TOP