名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『驕りを捨てれば、仕事と事業に成功する。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

人の能力には限界があり、人の体力にも限界がある。人の寿命にも限界があり、人の運にも限界がある。限界が有る。つまり、 有限だということ。 無限ではないのだ。

 

とかく、私のように、ヒトもカネもコネもモノも無い中、頼れる人生の先輩もおらず、依存したい実の父親も早くに亡くし、慣れ合う友人はおろか、切磋琢磨できる真友や、慰め合う恋人もいないという条件で、事業を成功させたら、こう思ってしまうだろう。

 

(これは全て、自分の実力だ)

 

確かに、自己効力感という言葉がある。いわゆる、自己暗示にも似た、セルフマネジメントだ。(自分は出来る。自分なら出来る。)と、自分を奮起させる管理能力。実際、そういう気構えが成功に大きく貢献することは事実だ。

 

だが、思い上がってはならない。自分の無知、無力を、思い知らなければならない。そういう事実を受け入れる器こそ、一流の人間が手に入れるべく、矜持である。

 

驕りに支配された途端、腐敗は始まっていると思うべきである。『人間の身の丈』を知り、その中で、悔いのないように、生き貫くべし。

 

 

参照:『格言の書 第16章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

キリスト『驕りを捨てれば、仕事と事業に成功する。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『”水”を思い出せ。柔は剛をも打ち砕く。』

 

『天上天下唯我独尊。その意味をはき違えるな。』

 

『見て見ぬフリをして争いを避け、平和主義を演じるのはやめよ。』

 

『傷口を舐めるのは、動物だ。人間は、舐めない。人間がやることは、治療だ。治癒の手伝いだ。』

 

『浮気をするな。不倫をするな。だが、脳と心は別次元と考えるのが正解だ。』

 

『性欲があるのは当然だ。だが、性欲の持っていき方を間違えると、取り返しはつかない。』

 

『少しばかりの酒を飲もう。それが自分の心を癒してくれるのなら。』

 

『自分は敬虔な信仰者?それなのになぜあなたの家には、不和があるのだ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP