名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『どんなことにも依存してはならない。真理でさえもだ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

真理を愛し続けて最終的には冤罪で処刑されたソクラテスは、

『子供をも、生命をも、その他のものをも、真理以上に重視するようなことをするな。』

 

と言ったし、

『自分に死の危険が迫ったからと言って、今まで自分が納得していた原則、真理と言ってもいいが、これを捨てることは絶対に出来ない。』

 

とも言って、死から逃げることは『無知』であると考えた。

 

しかしブッダは、

『私の言葉も、真理すらもまた、生きる智慧なのだから、あくまでも生き抜く智慧として真剣に耳を傾け、その後は、それに依存する必要はない。』

 

という様なことを言っている。

 

四聖の教えを考察してみると、

 

ソクラテスは、

『全てにおいて重要なのは、何よりも真理である』

 

と言い、ブッダは、

『真理とは、生きる智慧である。従って、依存するものではない』

 

と言う。 また、キリストは真理の事を『神』と言い、

『神をあなたの主と仰ぎ、罪を悔い改めよ』

 

と言っていて、 孔子は、

『人間たるもの、天命を知るべし』

 

と言って、天に恥じないような利他の行動を仰いだ。

 

それぞれで絶妙に『絶対的な存在(真理、神)』についての説き方が違うが、しかし一貫してやはり、『絶対的な存在(教え)がある』と言っているのだ。

 

詳しくは、ブッダと真理について書いた記述を見ればわかるが、真理というものは、 あらゆるわだかまりや不和、問題、トラブル、悩み事、苦しみから解き放ってくれる、 『指針』であり『道しるべ』であり、『答え』であるわけで、真理を愛して死ぬことになったソクラテスも、『真理に依存することなく生き抜け』と言うブッダも、キリストも孔子も、共通しているのは、『真理=味方である』と説いているところである。味方なのだから、それが重荷になりすぎて、『足枷』になったり『敵』になることがあってはならないという事なのだ。

 

短絡的に考えると、ソクラテスよりもブッダの方が、柔軟性がある様に捉えられるワンシーンである。もっとも、それは本当に短絡的だが。

 

 

参照:中部経典『蛇喩経』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

30.『人間は今、『最高到達地点』にいない。

その『真理』は誰から見ての真理だ。人間なら当然完全ではない。


>>続きを見る

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『どんなことにも依存してはならない。真理でさえもだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

広告

 

↑ PAGE TOP