名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『浮ついて、落ち込んで。それが原因で失敗をしているなら、それは誤った心の在り方である。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

私の部下は、この『浮つき』と『落ち込み』という極端な感情に支配され続けている。彼曰く、『仕事は窮屈、遊びが解放』だと言うのだ。それは、多くのサラリーマンなら、共感するのではないだろうか。

 

『ワークライフバランス』という言葉がある様に、人間はとかく、仕事と遊びをそう考えてしまう傾向がある。特にサラリーマンがそうだ。だが、クリントン政権下でゴア副大統領のスピーチライターを務めたダニエル・ピンクは、著書『モチベーション3.0』でこう言っている。

 

───▼

 

『仕事とは関連性のない”遊び”だけを楽しめて、人生で取り組む真剣な仕事を、”耐えがたい重荷”として耐えなければならない、と信じる理由はもはや存在しない。仕事と遊びの境界が人為的なものだと気づけば、問題の本質を掌握し、もっと生きがいのある人生の創造という難題に取り掛かれる』

 

───▲

 

それは私も同感なのである。あるのは『ライフバランス』だけだ。全ては『ライフ(人生)』の上で起きている現象なのだ。

 

そう考えたら『解放=浮つき』、『窮屈=落ち込み』という発想はナンセンスだ。 私など、『金を稼ぐことや遊ぶことは当たり前』だと思っているから、仕事に対するやる気など消えることはないし、遊ぶ時も浮つくことなどない。

 

例えば今、電車に乗って『浮つく』人がどれだけいるだろうか。いない。それは、『当たり前』だからだ。だが、一部の電車マニアや、昔の人、異文化の人はどうだ。 彼らにとって『当たり前ではない』のであれば、『浮つく』対象になるだろう。

 

そこにカギがある。自分の心に不動の根っこを根付かせるためには、まず、この『仕組み』を理解することである。

 

 

参照:法句経81

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『浮ついて、落ち込んで。それが原因で失敗をしているなら、それは誤った心の在り方である。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『諸法無我(しょほうむが)。それすなわち、全ての物は、自分の物ではないという悟りである。』

 

『悩みの根源になっているなら、その好き嫌いに囚われないようにしよう。』

 

『生まれ変わり?そんなものはない。あるとしても私は生まれ変わらない。』

 

『死にたくない?それは昨日踏み潰されたアリも同じことを思っていた。』

 

『自由とは、依存しない心だ。私利私欲に、支配されない心だ。』

 

『自分の心が苦痛だと嘆く前に、快楽を感じたことについて考えてみよ。』

 

『心と向き合う時間を作った方が良い。それはこの先どんなことがあっても変わることがない。』

 

『感情に身を任せない。いや、というよりも、信号に身を任せないよう心掛けよ。』

 

『理不尽に出遭えば、負の感情に支配されそうになる。だが、心を落ち着けよ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP