名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『打たれる、受け入れる、取入れる。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

打たれる、受け入れる、取り入れる。この共通点は、『外部からの要因を吸収する』ということである。つまり、自分の得につながるのだ。やらない理由はない。

 

打たれて耐える意味とは、例え理不尽な要因でも、それをそのまま『最悪体験』ということにしてしまえば、それがそっくり糧になる。例えば、(あの時の理不尽な体験に比べれば)となって、土壇場の強さに繋がってくる。

 

受け入れるということで言えば、簡単な意見なら受け入れやすいのは誰もがわかる。 だが、たまに耳が痛くなるような意見をズバズバ言われることがあるだろう。しかしそれは、『自分の弱点という的のど真ん中を射って来た』わけであり、それは本来、尊敬に値するのである。

 

(よく見抜いてそこに矢を射ってくれた)

 

そう思うのが、こちらの筋である。取り入れるというのは、まさに『学ぶ』こと。自分から主体的に学びに行く姿勢。これがあれば、人間はどこまでも際限なく成長できる。

 

ソクラテスは言う。

『知者だと思い込み、『無知の知』を知らない人は知恵を求めようとしない。』

 

積極的に外部要因を取り入れようという姿勢は、知性そのものなのである。

 

 

参照:経集266

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『打たれる、受け入れる、取入れる。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『苦しい理由は外部にはない。内部にあるのだ。』

 

『泥、星。二つともこの世の森羅万象の一つだ。だが、なぜ泥を見る必要がある。』

 

『浮ついたり落ち込んだりして一体どういうつもりだ。一度そのことについて考えてみよ。』

 

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

 

『満足しようと思えばいつでも出来るはずだ。贅沢を追い求めるから足りないのだ。』

 

『その欠乏感を解消するのは簡単だ。執着をやめるだけだ。』

 

『1の仕組みを理解せよ。その5は、まず1,2,3,4と、手順を踏んだから出現したのである。そして1の前には…』

 


広告

 

↑ PAGE TOP