名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『身分相応と、身分不相応という言葉を知ると、人として一気に上に行ける。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

知っているようで知らないのが、この言葉だ。例えば『知っている』と言ったとしよう。なぜそれを言ったのか、自問してみるといい。『言う意味』はあるのだろうか。 誰に、言うのか。何の為に、今それを言ったし、言う必要があったのか。

 

もしかしたら『知らない』と言った方が、結果的に得をするかもしれない。『金の卵』で満足して、『金の卵を生むニワトリ』を逃すようであれば、その演じている『知者』は、『無知者』ということになり、恥をかきたくないあまりに出したその『見栄』は、刹那的でとても虚しい。

 

例えるならこういうことだ。東京で言えば、

 

  • 恵比寿
  • 中目黒
  • 原宿
  • 広尾
  • 赤坂
  • 代官山
  • 麻布
  • 六本木
  • 青山
  • 白金
  • 松濤
  •  

    このエリアの一部に住むことは、確かに一等地居住者として、群を抜くことになる。しかし、自分は本当に『群を抜く存在』であるか、自問した方が良い。

     

    もし『見栄』に支配され『身分不相応』なことをすれば、それは仇となり、自分の身に返ってくるだろう。その間、『身分相応』な土地に住み、無駄な支出を最低限に抑え、確実に種を、雪だるまの源を積み上げている者がいる。

     

    きっと彼らには勝てないだろう。彼らはとても、合理的である。身分不相応な人間が自分の身分を強制的に思い知ることになるとき、ちょうど雪だるまはゴロっと転がって、2サイズも3サイズも大きくなっている。

     

    そして入れ替わるだろう。それぞれが在るべく、『元(相応)の位置』に。もっとも、本当に人として『一等』である人は、別にその一等エリアに執着することはないのだが。

     

     

    参照:経集260

     

    ※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    ブッダ『身分相応と、身分不相応という言葉を知ると、人として一気に上に行ける。』


    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    スポンサーリンク

     

    同じカテゴリーに属する他の記事


    『1の仕組みを理解せよ。その5は、まず1,2,3,4と、手順を踏んだから出現したのである。そして1の前には…』

     

    『一人占めしようとする人間は、まるで純金より金メッキの方が価値があると勘違いしている人間である。』

     

    『家族思いになれる人生は、最高の人生だ。』

     

    『心の教育は時間がかかる。本人、あるいは教育者はこのことを肝に銘じるべし。』

     

    『自分の武器となる物は様々だ。剣を使う者もいれば、弓を使う者もいる。それでいい。』

     

    『車の運転事故がある。そして、無いこともある。それはなぜだと思うか。』

     

    『いつも心が乱れている様な人とは一緒に居ない方が良い。つまり、自分を過信しないこと。人間を過信しないこと。』

     

    『まさか、損な役を買って出て、自分の心の汚れに手を突っ込んでくれた人間を、友人ではないと無下にしてはいないだろうな。』

     


    広告

     

    ↑ PAGE TOP