名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『真の友はたまたま周りにいたその人とは限らない。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

もし『たまたま周りにいた人が友人』なのであれば、幼稚園や小学生低学年の頃遊んでいたはずの人々はどうする。彼らは『たまたま周りにいた』はずだ。だが、気づけば往々にして、赤の他人になっていることがあるだろう。それは、考え方が合わないからだ。合うのであれば、その後も長い間、友人になることはある。 だが、大体合わなくなる。なぜなら人間は、徐々に自我が発達してくるからである。

 

自我とはある種、性格、人格。自分がどういう風にこの世を生きて、どういう信仰や哲学や信念を信条にし、何を学び、何を目指し、どうやって人生を生きていくかということを決める『ナビ』のようなものだ。

 

例えばカーナビで、渋谷に目的地を定めたとしたら、共に横を走る車も、同じ目的地を定めている。後の人は途中で別れるだろう。それは、彼らの自我が発達し、意志が芽生え、人生をどう生きるか見つけたからだ。

 

『渋谷以外の目的地』にセットした。別にそれでいい。人それぞれ、この人生をそうやって自由に生きていく権利があるからだ。ここまで考えたら、『たまたま周りにいた』というだけの理由では、真の友に相応しくはないことがわかってくる。

 

では、『考え方が違う人間は善人友人ではない』『悪の道に逸れた友人を放っておいて自分だけ目的地に進め』ということなのだろうか。

 

いや違う。それとこれとは話が別だ。ここで言えるのは『真の友』は『たまたま周りにいた』という状況で安易に決まるものではないということ。もし、『間違った目的地をセットし直す』ように促してくれる人がいたならば、彼・彼女のことを『真の友』と呼ばなければならない。

 

 

参照:経集45

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

22.『本当の友人とは。

真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

ブッダ『真の友はたまたま周りにいたその人とは限らない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『まさか、損な役を買って出て、自分の心の汚れに手を突っ込んでくれた人間を、友人ではないと無下にしてはいないだろうな。』

 

『まさか、間違いを正してもらったことを捏造するような人間が、友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『まさか、表面的なことが整っているからといって、彼が人格者だと思っているわけではあるまい。』

 

『欠点や美点で判断するような人間を、まさか友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『テイク(貰う)しておいてギブ(与える)をしない。まさか、そんな人間が友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『違和感を覚えるなら無理する必要はない。往々にしてその違和感が正解だ。』

 

『孤高なら理解者がいなくても屈する必要はない。粉みじんもない。それを断言しよう。だが…』

 

『真の友がたまたま周りにいなくても全く問題はない。』

 

『呪い?そんなものがあるのならほとんどが人殺しの子孫だぞ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP